とんかつの「かつや」無限ループ割引。実質、ずっと100円引き

かつやの店舗ロゴ

少し前NHKの番組で『1日に摂った方が良い食材10品目』というのが紹介されていましたが、その中に『肉』が含まれていました。

太るイメージがある人もいるかもしれませんが、肉は毎日摂った方が良い食材なのです。

中でも、豚肉はビタミンB1を豊富に含んでおり、美容と健康に良い!

ということで、今回は、「とんかつのおいしいチェーン店」を紹介したいと思います。

その名は、かつや

サラリーマン・OLのランチや、一人暮らしの学生なんかにとっては、食費を安く抑えることは重要だと思いますが、「かつや」は、毎回お得なクーポンをいただけます。

今回は、このコスパがかなり良い「かつや」を紹介したいと思います。

<補足>

1日に摂った方が良い10品目(by NHKためしてガッテン)

肉、魚、卵、海藻類、油、緑黄色野菜、果物、大豆、イモ類、牛乳

「スポンサーリンク」

【全国各地にある『かつや』の店舗】

こんなにあるとは知りませんでした。

全国でなんと、約380店舗も展開しています

かつやの看板

この記事を最初に作成したのは、2017年5月ですが、そこから1年半で20店舗近くも増えています。

「かつや」は、会社名「株式会社かつや」というところが運営しており、その親会社は平成5年に設立した会社。

まだ若い会社ですが、勢いがありますね。

会社自体は関東にあるので、店舗数的には東日本が多いようです。

※全国地域ごとの店舗数は下記

●北海道・東北  34店舗    ●北陸・甲信越    28店舗

●関東      171店舗   ●東海        70店舗

●関西      44店舗    ●中国・四国・九州  34店舗

【『かつや』を薦める6つの理由】

数ある「とんかつ屋さん」の中で、わたしが「かつや」を推すのには6つの理由があるからです。

100円引きクーポンを毎回くれる

クーポン券(表面)

これはわたしが住んでいる地域(大阪)だけなのでしょうか。

大体夜に利用することが多いのですが、店内で食べ終わって会計時に毎回『100円引クーポン券』をくれます。

もう数ヶ月通っていますが毎回です。

ですので、メニューに載っている価格よりも毎回100円引きで食べることが出来るのです(クーポンは、2回目以降使用可)。

店側からすると、クーポン券を配ることで次回また来てもらおうってことだと思いますので、まんまと店側の思惑にはまっています。

いろんな飲食店でクーポン券や一品タダ券なんてのはありますが、誰がどのタイミングで行っても毎回100円割り引いてくれるというのは、結構太っ腹ではないでしょうか。

因みに有効期限は当然というかあります。

クーポン券(裏面)

約1ヶ月と短く感じますが、1カ月あれば再訪することもあるでしょう。

全商品が割引対象となっており、お持ち帰り品でも割引券を使用することができるのは嬉しいですね。

この100円クーポンが、最大のお薦めポイントです。

定食に付くキャベツの量が結構多い

キャベツ

これ結構うれしくないですか?

最近のとんかつ屋さんは、ごはんや味噌汁、キャベツが食べ放題ていうのが主流になりつつあるのかもしれませんが、そういう店って1食1000円近くする店が多いんですよね。

わたしのような安月給のサラリーマンには、ある意味覚悟を決めないと入れない店なわけです、そういう店は・・・。

その点、「かつや」はリーズナブル。

わたしがよく食べる「とん汁定食(ヒレカツ2枚も付いてます!)」なんて、前述の100円クーポン券を使えば、税込みでも602円です。

そんなお得感満載のメニューが多数あるわけですが、どの定食もキャベツの量が結構多いです。

キャベツは体に良い(胃腸の調子を整える)とされている野菜ですからね。

ありがたいです。

定食にとん汁が付いてくる

とん汁

いくつか定食を食べていますが、基本的に全部に「とん汁(小)」が付いてきます

普通は味噌汁が多いと思いますので珍しいのではないでしょうか。

とん汁が嫌いならメリットとは言えませんが、特に抵抗がないならお得♪

しかも結構、具沢山なんですよね、これが。

個人的に、コストパフォーマンスが一番良い定食は、先にも書きましたが「とん汁定食」です。

これはとん汁定食というだけあって、とん汁は「大」です。

「かつや」のとん汁定食

しかも、小さくはないヒレカツが2枚付いてきて602円(税込み&クーポン券使用時)ですから、充分満足できます。

各メニューともおいしい

もちろんおいしいです。

豚肉は米国とカナダ産を使用。

※大手加工会社の厳しい品質チェックを受けています。

ここはチェーン店だけあってセントラルキッチン方式です。

工場で温度管理を行い、品質管理をきちんとしたうえで運送して店で調理をしています。

今は店で働く人もアルバイトやパートさんが多いので、セントラルキッチン方式の方が同じパフォーマンスを維持できるのでいいんでしょうね。

因みに安物の肉によくありがちですが、とんかつでロースなんかを頼んだときに、筋とか固い部分があって「んん~っ!?」ってなるときありません?

わたしはそういうのが嫌なんで、大体頼むのはいつもやわらかい「ヒレ」部分。

しかし、この店では特にヒレにしなくても、ロースで充分おいしい肉を味わえます。

衣はどちらかと言うと粗め。

生パン粉を使っているので食感が良くサクサク感が楽しめます。

温度・湿度・焼き方にこだわってパンを焼き、長時間熟成を経て仕上げたパン粉とこだわりがあるだけあって、食感はとても良いです。

特に脂っこい感じもなく、40代のおっさんが食べても胃もたれなんて事はありませんから安心して食べられます。

ごはんも硬目でおいしいです。

もちろんお米は国産。

あと、テーブルには箸休めとして「大根の漬物」があり、いくらでも食べ放題です。

こういう心遣いも嬉しいですね。

食事として充分なボリューム

これだけ安いと、量がちょっと少ないんじゃないかと思いますよね?

しかし、そんな心配はご無用!

ボリュームは充分です。

勿論、食べ盛りの学生が食べるには少し物足らないかもしれませんが、われわれ初老にとっては、どのメニューも充分満足できるボリュームです。

丼もので言うと、お勧めはソースカツ丼。

これは税込みでもほぼワンコインの530円(松・竹・梅のうち「梅」)ですが、肉の量も丁度良いし、コストパフォーマンス的には高いと思います。

弁当・丼ものを宅配してくれる(テイクアウトもOK)

店舗・時間帯・宅配地域によって限定的ではありますが、税込み金額が1,000円以上になればネット注文ができます。

雨の日とか寒い日なんかはありがたいですよね。

外に食べに行く時間がない時もありますし。

●通常ネット注文ができる時間帯●

11:00~14:30

17:00~20:30

ネット注文できるかどうかは下記のマークが店舗一覧で付いているかが目安になりますが、今は人手不足なのか、結構やっていない店舗もありますので確認が必要です。

「宅配」のマーク

因みに、この宅配は残念ながら無料ではありません。

税込みで200円かかります。

ただ、総合計が税込みで2,000円を超えればこの宅配料200円はかかりません。

ですので3~4人で頼めば無料になります。

※配達料がかかるのが嫌な人は、テイクアウトするという方法もアリです。

電話予約ができるので予め注文をしておき、取りに行けば時間も節約でき便利です。

【まとめ】

どうでしょう?

今回紹介した「かつや」は値段も手ごろで味もGOODです。

食券を買うようなスタイルだと女性には入りにくいかもしれませんが、ここは店内も明るく落ち着いた雰囲気の店が多いので、入りやすいと思います。

現状は、圧倒的に男性客が多いように思いますが、是非女性の方にも利用してほしいですね。

豚肉(特にヒレ)は、ビタミンB1が豊富に含まれていて肌荒れ防止など美容効果も高い食材ですが、水溶性のために煮るとかだと、せっかくの栄養分が流れ出てしまいます。

その点とんかつは揚げているから、ビタミンB1を余すことなく取り込むことが出来るので、理にかなった食事です。

お店を見かけた方は是非一度試してみてください。

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする