心斎橋・なんば界隈にあるワンコインランチのお勧め店

500円玉

みなさんは毎日のランチにどのくらいの予算をかけますか?わたしは、働き盛りの年齢になったとは言え、今でもかなりの安月給。なので老後の事も考え、できるだけ節約しようとランチの予算は極力抑えています。

今回は心斎橋という、訪日外国人でごったがえす場所で見つけたワンコインランチのお店を紹介したいと思います。

因みに今回のお店は、全て下記条件に当てはまるお店になります。

●ワンコイン(500円)である

●定食タイプである

●有名チェーン店ではない

少しでも安くランチ代をあげたい人で、心斎橋・なんば界隈にお勤めの方はご一読ください。

※突然の料金変更、メニュー中止もあり得ます

「スポンサーリンク」

【日本人のお小遣いは月どれくらい?】

ランチにかけることができる予算は、月に使える小遣いと関係して来ると思うので、まずは平均的な日本人のお小遣いについて書きたいと思います。

2018年の6月に行われた新生銀行の「年代別お小遣い」調査によると、20代~50代までの男女の月の可処分所得(お小遣い)は、こんな感じになっています。

     男性       女性

20代  \42,018   \41,826
30代  \36,146   \32,835
40代  \37,073   \32,211
50代  \44,017   \32,515

20代は、他の世代に比べて独身の人が多いからでしょうか。

比較的自分の思うとおりにお金を使うことができるようですね。

しかし、30代になると結婚して子供が生まれて・・・という環境の変化により自由になる
お金が一気に減っているリアルな状況がわかります。

特に女性の場合は30代からほとんどお小遣いは増えてないですね。

家庭を持っている方は、自分より家族、独身の方は老後の貯蓄に勤しむ結果、自由になる
お金が少なくなるのかもしれません。

因みにわたしは、上記金額よりもはるかに少ない月の小遣いでやりくりしています。

【ワンコインランチで節約!】

毎日同じランチをするわけにもいきませんが、週一でもワンコインランチにできれば、長い目で見ると、結構な金額を節約することが出来ます。

今回は、4店舗紹介しますが、どの店もコスパ的に悪くないと思います。

創作かんぱい料理 今日もここで

今日もここで

ワンコインランチの対象は 、” から揚げ定食 “ と ” マーボー豆腐定食 “ の2つです。

(店の特徴)

・比較的新しいお店できれい、女性一人でも入りやすい雰囲気

・ごはんとみそ汁のおかわりが無料

(場所)

住所:

創作かんぱい料理 今日もここで

看板が表に出ているのでわかりやすいと思います。

1階がカウンター席のみで7~8席、2階はテーブル席もあるようです(席数は不明)。

わたしは、から揚げ定食を食べましたが、内容はこんな感じでした。

・鶏のから揚げ(4つ)

・小鉢(冷や奴、春雨サラダ ※内容は日によって変わるかも)

・ごはん

・みそ汁

・漬物

この店の『から揚げ』はおいしいです。

ごはんも少し硬めで美味!

ただ、から揚げの個数が4つと少ないので、ご飯をおかわりしても、みそ汁で流し込むしかないかも。。。

まあ、お腹いっぱいにはなりますけどね。

ばーる自惚れ

ばーる自惚れ

ワンコインランチの対象は、から揚げ定食です。

(店の特徴)

・カウンターがあるので、1人でも入りやすい

・入口が狭く急階段。入口はわかりにくい(店は結構広い:約30~40人)

・かなり混むが、回転が速いので意外に早く入ることが出来る

(場所)

住所:

ばーる 自惚れ

このお店も、入口の階段付近に看板が出ています。

※写真の矢印部分が階段です

ここのワンコインランチは、から揚げ定食しかありません。

景気が良いのは大企業だけなのかと思うほど、多くのお客さんがワンコインで食べられる『から揚げ定食』を頼みます。

から揚げの味はと言うと、個人的には前述した「今日もここで」の方が、下味がついている分おいしく感じます。

まあ、こちらもおいしいですが。

定食の中身はこんな感じ。

・から揚げ(5個)

・ごはん

・みそ汁

・漬物

勿論、から揚げが載っているプレートに、刻み野菜等はありますが、他の一品なんて気の利いたものは付いていません。

なので、ちょっと物足りないかも。

因みにこの店は、ごはん等のおかわりは無料ではありません。

食事処 いろり

食事処 いろり

こちらは、これまで書いた2店舗と違い、日替わり定食がワンコインという、ありがたいお店になっています。

(特徴)

・家族で経営している昔ながらの定食屋(キャパは20人ぐらい)

・ごはんのおかわり無料

・日替わりメニューは、曜日ごとに決まっている

(場所)

住所:

食事処 いろり

この店は、先ほど書いた「ばーる 自惚れ」の2軒隣に位置します。

上記2店舗は、昔からあるこの店に対抗してワンコインランチをやるようになったのかもしれませんね。

ここで出される日替わりメニューは、先ほど書いたように曜日ごとに決まっています。

年間を通して全くブレません。

月曜日はこのメニュー、水曜日はあのメニューという具合に、ずぅぅ~~っと決まっているので、自分の好きなメニューの時に行けば良いかなと思います。

※もちろんワンコインですから、出来合いのモノもありますが、ハンバーグなど手作りのモノもちゃんとあります。

あと味噌汁は、豚汁への変更が可能です。

まあ、豚汁と言っても豚肉が少し入っているだけで、一般的な豚汁のように根菜類が入っているわけではありませんのであしからず。

※冬になると、「かす汁」も選べます。

<補足>

何年か前に行った時は、ランチタイムである12時よりも早く行くと、なぜか30円ほどキャッシュバックしてくれてました。

つまり、ワンコイン以下の定食だったわけです。

今はわかりませんが、もしかしたらそのサービスはまだ続いているかも知れません。

とつぼ

居酒屋 とつぼ

この店で紹介するワンコインランチは、豚汁定食です。

(特徴)

・店内キャパはカウンターのみの10席弱

・ランチ時は、ほとんどの人が今回紹介する定食をチョイス

・ごはんは16穀米入り

・定食としては少し量が少なく、女性で丁度良いぐらい?

・女性客が多い

(場所)

住所:

とつぼ

この店の恐るべきところは、定食スタイルにも関わらず、なんと450円という破格値だという事。

しかも税込みです!

定食の中身はこんな感じ。

・豚汁

・ごはん(16穀米入り)

・豚味噌

・漬物

「豚味噌」って何?

と思う方もいると思います。

わたしもその1人。

これは豚のミンチを味噌で和えた「ご飯のお供的おかず」です。

小鉢に少ししかないのでちょっと残念。

豚の味噌漬けなら良かったんですが、450円という低価格ですからそれは無理か・・・。

全体的に量は少なめですが、豚汁はラーメン鉢くらい大きく、具沢山ですので野菜を取るにはもってこい。

この値段で、これだけ食べられればお得だと思います。

また、前述の通り16穀米入りなので、とってもヘルシー。

居酒屋ちっくなお店ですが、意外や意外、女性のお客さんが結構多いです。

一人で来ている女性の方も多いようなので、近くに来たら一度は行ってみてはいかがでしょうか。

焼肉まるよし

まるよし

こちらは、なんば周辺にあるお店です。

ワンコインランチとしては、1種類「コロッケ定食」のみです

(特徴)

・元々は焼肉屋さん

・店内4人掛けテーブルが結構あります(44席)

・ランチ時でも意外と空いている

(場所)

住所:

まるよし

いくら焼肉店が出すワンコインランチと言っても、やはり牛肉と言うわけにはいきません。

前述した店舗でも、鶏肉や豆腐といった比較的原価の安いもので構成されている通り、この店も出されるのは安価であろう「コロッケ」です。

しかし、下の写真にあるように、ちょっとしたおかずも付いており、それぞれ味もおいしいので満足感は大きいです。

コロッケ定食(まるよし)

【まとめ】

いかがでしょうか。

今回は心斎橋・なんば界隈のワンコインランチをやっている店を5店舗紹介しました。

まだこの他にもあると思うので、随時情報をアップしていきたいと思います。

【参考記事】萬栄カードをお持ちの方は、こちらもどうぞ♪

ランチをワンコインで食べられる心斎橋の穴場「萬栄」ってどう?

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする