焼肉食べ放題のワンカルビ。95品コースをお勧めする2つの理由

ワンカルビの店のロゴ

CMでもおなじみの ” ワンカルビ ” 。チェーン展開している焼肉店なんて、どうせたいしたことないでしょ?と思う方も多いと思います。しかし侮ることなかれ。ワンカルビが掲げる” 2時間の幸せ ” という謳い文句は伊達ではありません。

わたしは大阪で生まれ育ち、焼肉と言えば「鶴橋」が有名である事は知っています。

芸能人も行くようなおいしい店もたくさんあるでしょう。

ただ、大枚をはたいておいしいものを食べられるのは当たり前の話。

「いかに安くて満足感を得られるか」、「コストパフォーマンスが良いか」

これが重要です。

今回紹介するワンカルビは、それを満たす焼肉チェーン店。

月一は必ずワンカルビに行くわたしが95品コースを推す理由について書きたいと思います。

「スポンサーリンク」

 【ワンカルビのメニューコースは2つのみ!】

ワンカルビは食べ放題です。

子供さんや高齢者の方がいるご家庭では「元が取れないのでは?」と思うかもしれませんが、ワンカルビの場合は、値段が “世代 ” によって変わっており、値段が一律ではないので良心的。

ただ、ルールがあります。

それは、

同じグループ内のメンバーは、同じメニューコースにしないといけない

という事。

「子供はあまり食べないから」とか、「大人はいろいろ食べたいから」などの理由で、別のコースにする事はできません。

では、早速、各コースの値段とメニューの違いについて具体的に見ていきたいと思います。

48品メニューコースの値段

品目数
こちらのコースの値段は、3218円(税込)です。

食べ放題にしては少し高いでしょうか。

ただ、この値段はあくまで「中学生~40代」までの、一番食べるであろう人たちをターゲットにした設定。

高齢者や小さい子供さんには、値段が少し安く設定されています。

※下記は、全て税込みの値段です。

70歳以上  ¥2,246     60歳以上  ¥2,570

50歳以上  ¥2,894     小 学 生  ¥1,609

4~6歳   ¥442       3歳未満   無   料

ワンカルビは、食べ放題であると前述しましたが、このメニューコースの場合でも、追加料金を払えば全てのメニューを単品オーダーする事が可能

メニュー表を見てみると、ロース・ハラミ・カルビなど一般的なお肉は勿論、ホルモンも種類は少ないですがちゃんとあります。

サラダやキムチなどの前菜も最低限あるので、それらのメニュー郡で「事足りる」ならば、こちらを選択しても良いと思います。

値段的に安いですしね。

95品メニューコースの値段

品目数

こちらのメニューの値段は、3650円(税込)です。

このコースを選択すれば、全メニューをオーダーする事が可能。

値段は、同じターゲット設定になっています。

※下記は、全て税込みの値段です。

70歳以上  \2,548     60歳以上  \2,916

50歳以上  \3,283     小 学 生  \1,825

4~6歳   \507       3歳未満   無   料

女性がグループに含まれている場合は、『95品』という選択肢の広さは喜ばれると思います。

48品を選んだ場合、都度食べたいメニューを見つけたときに追加料金が発生してしまうので、却って高くつきます。

95品であれば、そんな気を使う必要はありません。

 【ワンカルビで95品コースをお勧めしたい2つの理由】

さて、2つのメニューコース展開をしているワンカルビの食べ放題。

一体どちらが良いのか迷うところですが、個人的には圧倒的に95品を選んだ方がお得だと思っています。

お勧めする理由は2つ。それは、

1.コース間の値段差が小さい

2.お勧めするメニューが95品の方にしかない

です。

2つのコースにおける値段の差が小さい

まず一つ目の理由がこれ。

まずは48品と95品、それぞれのメニュー表における食べ放題の値段の差についてです。

いくらだと思いますか?2つのコース差って。

なんとたったの、432円!!

です。

これは「中学生~40代」における値段の差ですが、他の世代で見ても大差ありません。

※下記は、【48品コースと95品コースにおける値段差】です(税込み)。

70歳以上  \302     60歳以上  \346

50歳以上  \389     小 学 生  \216

4~6歳   \65      3歳未満   無料なので、差はゼロ

どの世代の方が行っても、400円程度の差しかない事がわかりますね。

オーダー表をよく見ると、肉や「逸品」などの単品の値段は、どれも400円近くするので、この ”  値段差 ” から、下記の事が言えます。

48品コースを選択して、各自が食べたい1品を追加オーダーした時点で、
95品コースよりも高くなってしまう

という事がわかります。

95品コースにしかないお勧めの逸品

95品コースをお勧めする理由の2つ目は、そのメニューの中身です。

月一は必ずワンカルビに行くわたしが、是非とも味わってほしい逸品があるのが「95品コース」なのです。

まず1つ目は「ねぎ塩タン」。

昔は細切れのタンだったので「ん?」って感じでしたが、お客さんの声を反映してくれたんでしょうか。

今はちゃんとした大きさのタンが出てきます。

普通の塩タンは48品の方でも食べることができ、勿論それはそれでおいしいのですが、この「ねぎ塩タン」は別格です。

これを食べに来ていると言っても大げさではありません。

お皿にのった塩タン2人前

きれいな色のタンですね(写真は2人前)。

これを両面軽く炙って、ネギを乗せて食べます。

ネギを乗せたタン

ポイントはこのネギにかかっている調味料。

これがレモンダレと合わさると絶品に!

わたしは、毎回一人で6人前は食べます。

単品で頼むと税込みで702円ですので、このねぎ塩タンだけで4212円。

95品コースの値段が3658円ですから、このねぎ塩タンだけでコース料金をオーバーしてしまいます。。。

そして2つ目は、「イタリア産厚切りベーコン」。

メニューにある豚の厚切りベーコン

焦げない程度に両面を焼いて、何も付けずにそのまま口にinします。

適度な塩気が効いており、とてもおいしいです。

脂身が苦手なわたしですが、この脂はおいしい!

カリカリの表面を噛むと、じゅわっとおいしい脂を感じることができるこの逸品も、是非とも食べてほしいメニューの一つです。

そして、最後にお勧めするのが「ローストビーフユッケ風」。

今は、生レバーを焼肉店では食べられません。

ユッケについても「生もの」ですので、お店で切り分けるというよりも衛生環境が整った工場で作られるのが一般的です。

ワンカルビでは、店内でお肉を切り分け調理しているので、「生」ではなく、あくまで「ユッケ風」となっています。

ローストビーフユッケ風

火が通っているので、お肉の色がピンクがかっていますね。

それでもユッケ感は充分に感じることができます。

写真を見てもらうとわかる通り、とろろと刻み青葉が入っているので、さっぱりとしておいしいです。

量もグッド!

3口ぐらいでなくなり丁度良い感じです。

<補足>

ワンカルビは、オーダーバイキングシステムですが、同時に頼むことができるのは「人数分」です。

運んでくる時間を考えると、好きなモノを最初にたくさん頼んでおいた方が良いと考えがちですが、それはできませんので注意してください。

【ワンカルビの店舗はどこにあるのか?】

運営している企業のイラスト

是非皆さんにも一度は行ってもらいたい「ワンカルビ」ですが、残念ながら記事作成時点では全国展開されていません。

もともと大阪で創業していることから、関西を中心に店舗展開がされているのです。

※店舗数:全79店舗

※これまで関西と九州だけでしたが、ついに関東地方にも出店!

◆関 西 : 66店舗

大阪府 33

兵庫県 20

奈良県 8

滋賀県 3

京都府 2

◆九 州 : 11店舗

福岡県 10

佐賀県 1

◆関 東 : 2店舗

東京都 1

神奈川県 1

平日でも、開店時間から1時間もすると待っている客でいっぱいになります。

土日・祝日なんて待ち時間だけでも大変。

それだけ人気がある店だということでしょう。

今後も徐々に店舗数・地域は広がっていくと思いますが、お近くにある方は是非一度足を運んでみてください。

【ワンカルビに行く時間帯(予約)】

時計

土日・平日関係なく「開店と同時に入る」ぐらいの気持ちで行かないと大変なことになります。

そうです。めちゃくちゃ混んでいます

これは特定の店舗に限らないと思います。

以前別の店舗にも行きましたが、やはり同じように食べて帰る時間(19時前)には店の外まで人が並んでいました(知り合いの人も同じようなことを言っていました。)

 ※営業時間は下記です(一部店舗は異なるかもしれません)

 平日(月~金)と祝前日 17:00~0:00
 土日          16:00~0:00

負担を軽くする方法として「待ち受け」を利用するのも手です。

これは、ワンカルビのサイトにアクセスすることで出来るのですが、店舗の下にある「順番受付」をクリックすると、順番を取ってくれます(あくまで順番どおりに案内する意味の番号なので、席を確保する「予約」とは異なります)。

順番受付ボタン

混んでいる店で、リストに名前を書いて呼ばれるのを待ちますよね。

あれがWebでできるという事です。

今からワンカルビに行きたいときは、使うといいかもしれないですね。

【割引クーポンが使える日は決まっている】

これは補足的な事になりますが、ワンカルビにはこれまでぐるなびで1,000円割引券がありました(平日限定)。

しかし、それがなくなり一時期割引を受けることができない状態に。

ただ、少し前からLINEへの友達登録をすることで、以前のように1,000円割引クーポンが配布されるようになりました♪

お店に行けば、各席にLINE登録に関する案内があるので必ず登録しておくようにしましょう。

因みに、クーポンが届くのは、

1日、11日、21日、31日のいずれか

つまり月初の1日かもしれないし、月末の31日かもしれない。

クーポンの有効期限は1週間なので、行きたいタイミングに合わせて割引クーポンが届くか微妙なところはありますが、1,000円割引は大きいので是非利用するようにしましょう。

<補足>クーポン利用の注意点

5,000円以上の飲食のみ使用可

1組1回限りの使用

帰りのレジで提示するだけで割引が可能

登録した店でのみ使用可

他割引券との併用は不可

【まとめ】

いかがでしょうか。

特に値段差については納得いただけるところもあるのではないでしょうか。

なんせ、追加で1品頼んだだけでコース間の値段差は、ほぼ皆無になるわけですから。

逸品については、個人的なところももちろんありますが、あえて片方のコースにしか入っていない、今回紹介した3品は食べて損はないメニュー達だと思っています。

「所詮チェーン店でしょ?」と言わずに、一度2時間の幸せを味わってみてはいかがでしょうか?

コストパフォーマンスは決して悪くないと思いますよ。

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする