ヘルストロンがやってきた!座るだけで血流改善に効果アリ?

血流を表す絵ここ数年の健康ブームで、病気や医療に関する情報を取り上げた番組がたくさん放映されています。ああいう番組を見ると却って不健康になると、うちの母親などはよく言うのですが、そう言いながらも結局は見てしまっています。わたしは今、人生の折り返し地点。

今は若い頃と健康状態に変化はありませんが、日常生活で気を使っている面は多くあります。

ただ、食べるのを制限する事も運動する事も続けるのが大変。

もっと楽に何か出来ないかと考えていた矢先、母親が突然「ヘルストロン」という、なぞの機械を購入。

しかも新品で!

なんでも「血流改善に効果があり、座っているだけでOK」という夢の装置とのこと。

今回は、なぞの電位治療器「ヘルストロン」について、仕様や実際に体験した効果を書きたいと思います。

「スポンサーリンク」

【ヘルストロンとは?】

ヘルストロンというのは、「株式会社白寿生科学研究所」なる会社が作っている電位治療器の名前です。

人工的に高圧電界を作り出し、身体の血流を改善してくれるとか。

白寿生科学研究所の概要

作っている会社の概要はこんな感じ。

・設立  1964年

・資本金 1億円

・社員数 326名 (グループ全体で1,000人)

ヘルストロンが生まれたのは会社設立後、少し経ってから。

創業者は医学博士であり、世界で初めて「電位治療器」を作った人です。

ヘルストロンは、厚生省(現:厚生労働省)から世界で初めての「電位治療器」としての認可を受けており、海外との取引も積極的に展開している会社。

「健康」をテーマに掲げている企業で、医療系専門学校の運営から介護事業、健康食品の販売まで行っています。

因みに社長は、「旭日小綬章」という勲章の持ち主。

これは、優れた技術を持ち、社会の発展に大きく寄与した人がもらえる日本の勲章です。

所管大臣が送るものですから、やはりちゃんとした会社であると思います。

ヘルストロンの体験サロンと導入実績

ヘルストロンの体験店舗(サロン)は全国に550箇所あり、誰でも利用することが可能です。

近所の店舗は、路地の少し奥まったところにあったので気づきませんでしたが、長い間同じ場所で営業し、たくさんの人に体験してもらっていたようです。

※ヘルストロンが胡散臭い、効果のないものなら同じ場所で営業は続けられないと思います

サロンでは、無料で毎日20分誰でもヘルストロンが利用できるらしいですね。

母親曰く、無料だということで毎回たくさんの高齢者の方々が来られていたとの事。

知り合いに整骨院をしている人がいるので聞いてみましたが、ヘルストロン自体は機械としては非常に良い物だそうです。

それが証拠に、業務用のヘルストロンは、全国の医療機関や整骨院などの治療院に5,000ケ所以上導入されています。

※業務用と家庭用の違いは電界の強さです

ただ、値段が高いのがネックなんですよね。

なんせ、新品で80万円ほどしましたから。

【ヘルストロンの仕様】

下の写真は、我が家にやってきた新品のヘルストロンです。

見た目は按摩器サイズ。

右側の黒っぽいタオルを被せているところに、伸ばした足を乗せるスタイルです。

1時間で自動に切れるヒーターが付いており、冬場など寒い時期は地味に活躍します。

家で使っているヘルストロン

因みに、これは「W9000W」という型番の機械になります。

重量やサイズ、電気代は下記を参照下さい。

重 量  : 約42kg

サイズ  : 高さ(120~145cm)×幅75cm×奥行120cm

       ※リクライニング可能。リクライニング時は奥行200cm

消費電力 : 9W

電気代  : 約5円(1か月)

※電気代は1日1時間で30日使用するとして換算。他のシリーズも電気代は変わらないです。

因みに1日に通電する時間に制限はないと聞いています。

ただ、長時間やると体が少しだるくなるので、3時間ぐらいがいいかなと感じます(あまりやりすぎると眠くなってきます)。

血流改善が目的の機械ですから、長時間やり続けるよりも、1日のすき間時間を利用してこまめに座る方が良いと思います。

操作パネルで残時間が表示され、ボタンによる設定時間(15分、30分、60分)経つと「ピピピッ」という合図とともに自動で電源が落ちるので、使用時間も明確。

ところで、型番の「9000」というのは、流れる交流の大きさを表します。

今回購入した機器でいうと9000Vの交流電流が流れ、それに伴う電界が発生し治療する(血流を改善する)形になります。

まあ、治療と言っても座っているだけですが。

【ヘルストロンで謡われている効果】

ホームページで謡われているのは、肩こりや頭痛、不眠や便秘に効果ありとの事。

その大前提として高圧電界を発生させて血流を改善するというのが売りです。

食事だと、血液をサラサラにして血流改善に役立つ代表として「青魚」や「緑黄色野菜」が挙げられますが、毎日摂るのは大変!

ヘルストロンなら座って、ぼ~っとしてるだけでOK。

ずぼらなわたしのような人にはうってつけの機械です。

なんせ、テレビを見ながら座っているだけでいいんですから♪

因みに電界とは、電圧がかかっている空間の状態。

電圧がかかれば ” 電界 ” は発生するので、わたしたちの家にある普通の電化製品の周りでも当然発生します。

小学校の時によく、下敷きを頭にこすりつけてから少し離し、毛を逆立てるという遊びをした事があると思いますが、あれは静電気であり同じく電界が発生している状態です。

誤解されやすいものとして ” 電磁波 ” というものもありますが、あれとは異なります。

電磁波は、レントゲンなどでも利用されるエネルギーの強いものであり、長時間浴びたり大量に浴びると遺伝子を傷つける可能性があります。

※ヘルストロンから発せられる周波数は非常に小さいものなので、身体に悪い影響を与えないようです。

血流がドロドロになっている芸能人の採血結果を映像でよく見ますが、血流が悪くなると疲労やむくみ、食欲不振に便秘など身体の様々な部分に悪影響が出ます。

<血液の役割>

・栄養素と酸素を体内の細胞に運ぶ
・各細胞から、不要となった老廃物や二酸化炭素を受け取って体外へ排出する

『血流を改善する』とは、身体に必要なものを効率的に取り込み、且つ不要なものを排除する上で欠かせない事なのです。

【ヘルストロンを体験した効果】

母の話ですが、店舗に数ヶ月間ほぼ毎日通った結果、もともと痛くて整骨院に通っていた足の痛みがマシになったと言っています。

※個人の感想です

※整骨院にはこれまで何度も通っています。ヘルストロンの店舗に通うようになってからは行く回数を減らしています

治療(座って電気を流しているだけですが)を受けていた別の方は、不眠が少し解消された人もいます。

母曰く、最初会ったときはかなりやつれていたのに、暫く見ないうちにすごく元気になっていたとか。

その方が言うには、数回しか通ってないとの事でしたが効果があると言っていたそうです。

電気をONすると、その瞬間に体にビリビリ感が伝わり、血流改善に効くような感覚に襲われますが、電気を身体に流している間にスマホを触っていても特に問題ありません。

※スマホが壊れたり誤作動したりすることはありません

わたしの家では、母とわたしの二人が使用していますが、その効果は下記のようなものです。

母親

・以前は頻繁に眩暈がしていたが改善された(現在眩暈は全く起こっていない)

・不眠が少し改善され眠りやすくなった

・肩や首のコリが軽減された

・悩まされていた冬の静電気がかなり軽減された

わたし

・使用した後は、視界がよりはっきりするようになった

・肩や首のコリが軽減された

・便秘が改善された

【まとめ】

結構な金額でしたが数十回通った結果、母は良い商品であると判断し、結局購入しました。

脳にも血流が充分に行き渡るので認知症予防としても効果があると聞き、家族の健康も考えての決断だったようです。

※最初に、わたしの母を誘ってくれた方も購入したそうです

高齢になると眠りにくくなると言われていますが、今は寝る前に椅子に1時間ほど座る事で、眠りやすくなるとも言っていました。

最初は少し眉唾物と思っていましたが、考えてみると、整形外科や整骨院などでも治療の一環として電気をあてることがあります。

あれが家で出来るわけです。

しかもテレビを見ながら、又は本を見ながら、いわゆる「ながら」で座っているだけで良いのです。

面倒くさがりのわたしには、うってつけであり便乗させてもらっています。

ネットでは効果がないとか「ヘルストロン商法」なんて揶揄される事もあるようですが、ヘルストロンは、目に見える傷を治すようなものではありません。

あくまで身体の中の見えない「血流を改善する予防医学の一つ」として認識した方が良いと思います。

健康は、何にも変えがたい重要なもので「血流は万病の元」とも言われています。

たかが血流、されど血流ですね。

もしヘルストロンを体験できるサロンが近くにあるなら一度行ってみてはいかがでしょうか。

無料ですしね。

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする