口臭の原因の一つ「歯石」が溜まる場所と除去するタイミング

歯ブラシとコップと歯磨き粉

みなさん、歯は大切にしていますか?わたしは初老ではありますが、これまで歯医者に行くことはほとんどなく、今現在は虫歯もなく健康な歯を維持できています。しかし、それは数年前から定期的に歯石を除去してメンテナンスをしているからにほかなりません。今回は、口臭の原因ともなり、将来少しでも健康に過ごすために必要な ” 歯石の除去 ” について経験を含め書きたいと思います。

「スポンサーリンク」

【歯の大切さ】

光り輝く歯

厚生労働省の調査によると、高齢(80歳以上)になっても歯の喪失が少なく、よく噛んでモノを食べている人は、そうでない人よりも活動能力が高く、運動や視覚機能も高いことが明らかだそうです。

研究では、失う歯が10本以下であれば食生活に大きな支障が出ないという結果もあり、生涯に渡り20本以上の歯を残そうという「8020(ハチマルニイマル)運動」というものが歯科保健の分野では提唱されています。

確かに咀嚼する力が悪くなると、モノが細かく砕けなくなる上、唾液の出も悪くなるので消化にも良くないですね。

しかも、年を取ると怖い「誤嚥性肺炎」になったり「ADL(食事や入浴・排泄などの日常基本動作)」にも支障が出かねない。

また、日本人の死因上位のがん・心臓病・脳疾患も、歯が丈夫で ” よく噛む ” ことによる予防ができるという実験結果も出ています。

ネズミを2つのグループに分け、片方のグループには硬いエサを与え、もう一方のグループには軟らかいエサを与えて飼育すると(どちらのエサにも発がん性物質を含ませる)、発がん率は後者の方が10倍も高くなるという結果が。

これは噛むことによって出てくる唾液が、発がん性物質を抑制する働きを持っているということを推測させます。

更に、よくモノを噛む事は認知症にも効果があると言われています。

皆さんも経験があると思いますが、眠気が強い時にガムを噛むと目が冴えてきます。

これは噛む事で、脳内の古い血液に新しい新鮮な血液が流れ込み、血液循環が良くなるからです。

まあわたしの場合は、体中の血液循環を良くする為に毎日使う ” ヘルストロン ” という秘密兵器があるので血流はバッチリですが。

いずれにしても、ただの” 歯 ” とは言え、されど、 ” 歯 ” なのです。

【虫歯ができる仕組み】

虫歯ができるためには、細菌と砂糖(蔗糖:しょとう)が必要です。

細菌は、口に入ってきた食べ物の残りカスを食べて生きていますが、その際にカスを発酵させます。

発酵すると副産物として乳酸などの酸ができますが、ミュータンスなんかの一部の細菌は、酸を大量に発生させ、口腔内が ” 酸祭り ” となります。

歯はエナメル質で覆われているのですが、これはダイヤモンドの次に硬いと言われている物質で、ちょっとやそっとではビクともしません。

しかし、このエナメル質を構成しているカルシウムは酸に非常に弱く、歯を磨かない状態が続くと溶けだします(脱灰)。

エナメル質の更に下には ” 象牙質 ” と呼ばれる部分があります。

エナメル質を溶かして穴をあけ、この象牙質に達した細菌は象牙質の有機物を腐敗させで、中で急速に広がっていきます。

こうやって、虫歯ができていきます。

因みに、歯表面の見た目は大したことがなかったのに、調べてみると中までがっつり虫歯に犯されていたというのは、エナメル質と象牙質の溶かすスピードが異なるからです。

【歯石除去】

口臭予防としても有効とされている「歯石除去」をしている人は、男性よりもどちらかというと女性の方が多いでしょうか。

磨き残しは、どんなに磨いても発生してしまいますが、放置しておくと歯垢から歯石へと変わります。

こうなると大変。

歯医者に行って、1回でクリーニングが終了するというわけにはいかず、何度も通院する羽目になります。

歯垢(プラーク)の溜まる場所

右往左往している人

歯石の一歩手前の状態が歯垢。

これが集まって固まると歯石になります。

歯石は読んで字のごとく ” 石 ” のように固いので、こうなってしまう前に除去する必要があります。

では、歯垢はどこに蓄積されていくのでしょうか。

それはズバリ、

唾液が分泌される周辺

です。

わたしが定期的に通院している歯医者の歯科助手の人が言っていましたが、一番歯垢が溜まりやすい場所は以下の2カ所です。

前歯の裏

上の奥歯のほっぺた側

この付近は、前述したように唾液が分泌する箇所になっています。

他の歯以上に、この部分は気を付けてブラッシングする事が重要です。

正しいブラッシング

では、どのようにブラッシングすればいいのでしょうか。

ポイントは3つ。

1.歯ブラシの持ち方

わたしもやりがちですが、力を入れ過ぎるために歯から血が・・・なんてことはありませんか?

歯医者さんに聞きましたが、歯ブラシは、ペンを持つように人差し指・中指・親指の3本で軽く持つようにするのが良いそうです。

因みに、歯磨き粉は極少量でOK

いっぱいつけたところで、効果は変わらないそうです。

2.歯の磨き方

かみ合わせ部の歯を擦るときは、歯に対してブラシを軽く直角に当て、5mm~1cmの範囲で小刻みに擦ります。

力を入れてはいけません

歯茎と歯の間については、直角にブラシを当ててもスキマ部分のプラークが取れないので、45°ぐらいに傾けて同じように小刻みに擦ります。

3.歯を磨くタイミング

大抵の人は、1日最低2回朝晩磨くと思います(女性の場合は昼間も磨く人が多いでしょうか)。

歯を磨くこと自体はもちろん、健康のためにも口臭の為にも必要なことではありますが、そのタイミングは実はとても重要です。

やりがちでやってはいけないのは、” 食後すぐ ” です。

なぜかというと、歯がエナメル質でできており、エナメル質を構成しているカルシウムが酸にとても弱いからです。

ブラッシングをする事で、歯の表面を傷つけてしまうんですね。

※悪化すると、知覚過敏になるので注意!

出来れば、食後30分あけるのが理想ですが、時間がない場合は口腔内を中和するために、水やお茶を口に含ませて、ゆすいでから洗うようにします。

歯石除去のタイミング

時計

どんなに気を付けて磨いていても、ある一定期間が経過すると、少しは歯垢が残り、放っておくとそれはやがて歯石となるのでメンテナンスは必要です。

これは一概には言えませんが、歯科医が勧めるのは1年に4回のメンテナンス

つまり3か月に1回は、専門医にきれいにしてもらいましょうってことですね。

こんなにも頻繁に掃除することを勧めるのは、もちろん歯科医側の「儲け」部分も多少はあるでしょうが、根本は一度歯石になってしまうと、取るのに時間がかかるからだという事が大前提です。

わたしは数年前、それまで20年ほど歯医者に行っていなかったことから、前歯の裏にとんでもないくらいの量の歯石が堆積していました。

最初は舌先で触った時に、周りの歯よりも ” 凹み ” 部分があることがわかり「虫歯か!」と思って歯科医に行きましたが、実は虫歯と思っていた凹み部分が歯石の付いていない ” 正常な歯 ” で、周りが全部歯石だったのです。

結果、通常なら1回で終わるクリーニングを6回(下の右奥、下の前歯、下の左奥、上の右奥、上の前歯、上の左奥)やる羽目になりました。

休みの日しか行けなかったこともあり、結果的に全ての歯石を除去するのに1か月という時間を要しました。

まあ、1年に4回も行く必要性はわかりませんが、少なくとも半年に1回行っていれば、虫歯などの歯のトラブルがあったとしても比較的簡単に治療できるのではないでしょうか。

【普段のお手入れ】

夜寝る前に歯を磨かない人はいないと思いますが、歯を磨くこと以外にやっておいた方がいいことがあります。

それは歯間ブラシでの清掃とモンダミンです。

歯間ブラシ

歯間ブラシ

毎日やる必要はないと思います。

あまりやり過ぎたり、サイズが合わないものを使い続けると歯のすき間を傷めてしまいますので注意が必要です。

わからない場合は、クリーニングに行ったときに歯科医師に相談してみると良いでしょう。

わたしの場合は、大体週に2回ぐらいやっています。

まあ消耗品で安いですし、もう少し頻繁にやってもいいのかもしれませんが。

モンダミン
アース製薬のモンダミン-ナイトクリア

わたしは少し前から、これの「ナイトクリア」というのを使っています。

これは歯磨きの後に使う ” 口ゆすぎ用液体 ” なんですが、これを口に含んで20~30秒ゆすぐと、朝まで歯垢の付着を抑えてくれます

※あくまで、謳い文句ですが・・・

歯磨きをした後に水ですすがない時のような味が続くので、最初は不快感がありあますが何でも ” 慣れ ” です。

歯周病も防ぐ効果があり、個人差はありますが朝起きた時の口臭を防ぐこともできるようです。

【まとめ】

ご存知の方も多いと思いますが、口の中はものすごい数の種類の細菌がいます。

その種類なんと

300~700!!

そして、細菌数はというと、歯が比較的磨けている人でも

1000~2000億個!!!

中には、身体に重篤な病気を引き起こす菌(黄色ブドウ球菌、カンジダ菌・・・)も含まれており、普段の歯磨きは歯垢を除去するだけでなく、身体を健康に保つうえでもとても重要な行為なのです。

” 時間がったら行く ” ではなく、是非 ” 時間を作って ” 歯のメンテナンスをするようにしてください。

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする