大阪で中価格帯の家具を買うなら「島忠ホームズ」はいかが?

島忠ホームズ(南津守店の外観)

大金持ちを除き、ほとんどの人が家を購入するのは一生のうち1回でしょう。高額な金額に対して何十年というローンを組んで払っていくわけで、そうそう手は出せない代物ですしね。

ただ、大変な一大決心をもって購入した家も、時と共にあちこちガタがきます。

経年劣化というやつです。

わたしの家も購入から数十年が過ぎ、今すぐどうこうという事はないのですが、今後のことも考えリフォームをすることになりました。

今回はリフォームする上で必要になるかもしてない家具の購入について、穴場的なお勧め店を紹介したいと思います。

「スポンサーリンク」

【家のリフォームで家具を新調】

リフォームをする場合、あちらの家具をこちらに移動し、こちらの機器をあちらに移すという ” パズルゲーム ” でもするようにレイアウトを考えるわけですが、いかんせん間取りが狭く且つモノが多いと、かなりその作業に苦労します。

特に部屋の用途を変更する(居間だったところを寝室にするなど)となると、これは至難の業。

今あるモノをどのように組み合わせてもパチッとはハマらず、結果的に大事にしていた家具を捨て、サイズの異なる家具を新調する決断に迫られます。

特に、今回のわたしの家のようにシステムキッチンを導入するような、所謂「モノを設置する系」のリフォームの場合、頭の痛め具合は相当なものです。

なぜなら、大概リフォーム作業をしてもらう工務店の作業というのは、メーカーに商品(今回の場合はシステムキッチン)を注文して、入荷できる目途がたったところから段取りをしてスタートするからです。

つまり、明確な作業開始時期が、工事直前にならないとわからないのです。

こうなると、家具を購入するにしても配達してもらう日が決められません。

工事中に持ってこられても置き場所がないですし、かといって配達日を後ろにずらし過ぎると、部屋が散らかったままの状態が続いて生活し難い。

わたしもよく使う ” ネット購入 ” は便利ですが、購入時に配達予定日を決めるので基本使えません。

結果的には、配達日の変更が可能な実店舗を探すことになります。

【家具を買うなら定番のニトリ?】

家具と言えば、やはり巨人の「ニトリ」でしょうか。

ニトリは、今や全国すべての都道府県に店舗を展開しており、多くの方は、一度は店舗に足を踏み入れたことがあるのではないでしょうか。

「お、値段以上。」の価値を提供してくれるというCMでも有名な企業だけに、品質は良いものが揃っていますね。

しかし、キッチン用品などの ” 小物系 ” は、安くて買いやすいのですが、家具などの大型の商品は結構値段が高いと思いませんか?

勿論デザインと品質を合わせた価値としては「値段以上」なのかもしれませんが、わたしのような一般庶民が買える値段のものと言うと、実はあまり種類がありません。

品質の良いものを結局高く売っているユニクロと似てるように感じますね。

※まあ、ユニクロはデザインがそもそもアレですが・・・。

まあユニクロはさておき、値段を考慮すると選択肢が狭まり、サイズの合うものがなかなかないんですよね、これが。

「幅は良いんだけど奥行きが足らないから、上にモノを置けない」

とか

「奥行きも幅も申し分ないけど、高さがあり過ぎて置けない」

など、一方を立てれば一方が立たず・・・というものばかりでため息が出てしまいます。

【家具の穴場『島忠ホームズ』】

そこで、今回購入に至った穴場とも言うべき紹介したいのが ” 島忠ホームズ ” です。

この店は、所謂「ホームセンター」ですので、関西では大阪を中心に展開している ” コーナン ” などと同じような店作りをしています。

※コーナンは東北・関東・中部・近畿・中国・四国・九州で全店約330店舗を展開しています

島忠ホームズとは

わたしが知らなかっただけかもしれませんが、この店は結構関西ではマイナーだと思います。

少なくとも大阪では、テレビCMをあまりやっていません。

今回調べて改めて分かったんですが、この会社は創業が埼玉県なんですね。

どおりで、店舗のほとんどが埼玉にあるわけです。

展開店舗

下記の店舗数は、記事作成時点でのものです。

資本金が165億円もある会社で、東証一部にも上場しており、年間売上高が1500億円という巨大企業です。

<関東の店舗>

埼玉県 21店舗

栃木県 1店舗

群馬県 1店舗

千葉県 5店舗

東京都 15店舗

神奈川県 12店舗

<関西の店舗>

大阪府 3店舗

兵庫県 1店舗

因みに、前述したコーナンは資本金が176億円に売上高が、倍の約3000億円(こちらも東証一部に上場)。

トータルとしては、コーナンの方が大きいですが、単純に1店舗あたりの売上高で見ると、こうなります。

島忠ホームズ 約25億円

コーナン   約9億円

売っているものが異なるので一概には言えませんが、島忠ホームズなかなかやりますね。

コーナンとの違い

コーナンは、島忠ホームズはコンセプトがそもそも異なります。

コーナン

住まいと暮らしに関わる商品を幅広くカバーする事」

島忠ホームズ

住まいと暮らしの事なら何でもそろう総合センターを目指す」

どちらも ” 住まいと暮らし ” ではあるんですが微妙に異なります。

勝手なイメージですが、前者を包含した部分までの商品を扱うのが後者といった感じででしょうか。

図で表すとこんな感じ(だからといってコーナンを悪く言っているわけではありませんのであしからず)。
コーナンと島忠ホームズの関係

島忠ホームズに「家具」がある理由は、創業に秘密が!

それは、元々桐ダンスを製造する会社からスタートしたことに起因します。

モノづくりを大切にするメーカーが展開している店舗であるので、そこで売られている家具も信頼できると思いませんか?

店の場所

わたしは大阪に住んでいるので今回は、「超巨大店」という位置づけの南津守店に行ってきました。

住所:大阪府大阪市西成区南津守1-6-41

島忠ホームズ・南津守店

大阪には、他に寝屋川店と鶴見店がありますが、どちらにも家具が売っています

※関西にある店舗の場合は問題ありませんが、関東の一部店舗では家具の取り扱いがない店舗もあるので要注意です

車で行く場合

新なにわ筋(29号線)沿いにあり、梅田周辺からだと車で30分、堺方面からだと20分ぐらいといったところでしょうか。

高速なら阪神高速15号線で、降りるところは「津守」かもしくは「玉出」になります。

バスで行く場合

最寄りのバス停は、『南津守1丁目』。

大阪市営バスですが,下記のページにアクセスすれば時刻表を確認できます。

大阪市交通局

電車で行くこともできますが、” 南海汐見橋線 ” というマイナー路線で、本数も少なく不便なので、車かバスが良いと思います。

家具の展開

前述したように、前進が ” 家具のメーカー ” であるため、商品の中には結構な値段のするものもあります。

家具売り場はIKEAのように、生活シーンに合わせた提案を部屋ごとにしていますが、一方で比較的安価な家具類も品ぞろえが豊富です。

デザインも決して悪くなく、シンプルですが安っぽい感じのものはありません。

わたしの家は、今回食器棚とキッチンに置くレンジ台を購入しましたが、二つ合わせても、税込み6万円をきっています。

※意外なんですが、こういう店でも交渉して値引いてもらう事ってできるんですね。「遠くから車で来たからガソリン代ぐらい負けてや」というと、豪華な夕食が食べられるぐらい値段を引いてくれました。

ダメ元でも1回は言ってみるもんですね。

【まとめ】

大塚家具とか個人でやっている家具店もそうですが、お手頃価格のものってどこに行けば買えるのか探すのが大変ですね。

今回改めて思いました。

関西に店舗はあまりないですが、大阪に住んでいて、「見た目そこそこ」&「お手頃価格」の家具を探している方なら、島忠ホームズはお勧めですので1度行ってみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ戻る

【参考記事】

組み立て家具を購入するなら東京インテリアかIKEAですね。

東京インテリア大阪鶴浜。バス時刻表と家具・店内の雰囲気

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする