大阪城ホール周辺でタクシーを呼ぶときの意外な穴場とは?

ホテルニューオオタニ外観

大阪城ホールは、歌手のコンサートだけでなく式典などのイベントが年中多数行われています。ホール自体の収容人数はステージの作り方にもよりますが、人気歌手のコンサートともなると、最大16000人レベルの会場を作ることもあるとか。

そんな大阪城ホール。

イベントが終われば当然帰宅するわけですが、これだけ多くの人が一斉に帰宅するとなると、公共交通機関に乗るだけでも結構大変なんですよね。

そこでタクシーに乗ってゆっくり帰ろうと考える人は多いと思いますが、予約自体をあまりやっていないタクシー会社が多く、事前にタクシーを確保することは難しい。

結果的にイベントが終わったタイミングで自力で探すしか方法がありません。

しかし、以前に記事でも書いたようにタクシーは多くの人があつまる場所へはなかなか来てくれません。

ということで今回は、意外と知られていない大阪城ホール周辺のタクシー乗り場の穴場スポットをご紹介したいと思います。

大阪城ホールへ起こしのご予定がある方は、ご一読いただければと思います。

「スポンサーリンク」

【ホテルニューオオタニ】

ここは、関西人なら知らない人はいないというぐらいに高級なホテルです。

大阪城ホールからも近いので、イベントを行う有名人もここに宿泊することが多いと聞きますが、まさにここのタクシー乗り場が ” 意外な穴場スポット ” なのです。

場所はココ。

住所:大阪府 大阪市中央区城見1丁目4−1

ホテルニューオオタニ

大阪城ホールの正面を出て駅に歩いて行く途中の広場に、大きな噴水があると思います。

その噴水から左側に大きな橋(歩行者・自転車のみ通行可能)がありますが、その橋を渡り切ると右手斜め前に大きな建物がそびえ立っています。

この建物がホテルニューオオタニ。

橋を渡って右手に進んで行くと、左側にタクシー乗り場が。

大きなホテルですので直ぐにわかると思います。

なぜホテルニューオオタニなのか?

別にホテルニューオオタニでないといけないことはないのですが、ポイントは

『 ホテルである 

という点です。

タクシー乗り場がある大きなホテルの場合、ホテル側は常に乗り場に何台かのタクシーが待機しているように気を使います。

なぜなら、宿泊客が出かける時にタクシーを利用する機会が多いからです。

例えばリッツカールトンやシェラトンなどの有名ホテルでも、サービスの一環としてタクシーが常にある事は重要なのでしょう。

それが証拠に、タクシー乗り場からタクシーがいなくなると、ホテルはタクシー会社に「空車要請」の電話を入れることがあります。

空車要請を受けたタクシー会社は、周辺を走っているタクシー(空車であろうがお客さんが乗っていようが)に対して、無線でホテルに行くように指示を出します。

当然すべてのタクシー乗務員がそれに従うわけではないですが(各自事情があるので)、タクシー乗務員も会社員、会社の指示には基本的に従います。

結果的に、タクシーがホテルに集まってきます。

ですので、ホテル前にいれば、タクシーを捕まえやすくなるという事です。

ホテルのタクシー乗り場に待機しているタクシーはアリか?

ホテルニューオオタニの場合はわかりませんが、基本的にきちんとした大きなホテルの場合はドアマンなどホテルの従業員がドア周辺にいます。

宿泊客を装ってうまくホテルの玄関周辺に行ければ問題ないと思いますが、場合によっては止められる可能性もあります。

ですので、基本的にはホテルに入る前のタクシーを捕まえる方が妥当だとは思います

ただ、タクシーの待機する場所は、入口ドアから少し離れていることが多いので、宿泊客かそうでないかはわからないと思います。

あからさまに「宿泊していないなら乗らないで下さい!」なんてことは言われないと思います。

大阪城の中にはタクシーが入れないのか?

こういう疑問を持つ人は多いと思います。

出来ることなら前まで来てもらった方が楽ですからね。

しかし、結論から言うと大阪城は、許可がなければ車両は入れません

以前の記事でも書きましたが、大阪城は今、様々な施設ができており、外国人だけでなく日本人観光客も多く訪れる、大阪の「一大スポット」となっています。

たくさんの人がいる場所に、タクシーが簡単に入ってくることは危険極まりないわけで、許可を得た場合しか車両は入ってこられないように厳しく制限されているのです。

例えば上の図をご覧下さい。

①の場所が、「許可」があった時のみ入れる道になります。

許可というのは、当然一般人がお願いして下りるものではなく、恐らく大阪城ホールの関係者が機材を持ち込む業者や関係者用に用意されているものです。

ここには警備員がいてバリケードがされています。

なので、入っていけません。

あとは、大阪城ホールとは関係がありませんが、大阪城の敷地内には「豊国神社」という神前結婚式を行うことができる神社があります。

この場合は、大阪城の敷地の南側から入ることが許されていますが、こちら(南側)もゲートがあって、許可なしでは車両は入ることができません。

【まとめ】

特にコンサート後は疲れているので、タクシーで帰りたい気持ちになります。

大阪城ホールの場合は、横にニューオオタニというホテルがあるので、今回の記事で紹介したように利用するのもひとつ。

因みに、今回の考え方(ホテルのタクシー乗り場を利用する方法)は、大きなホテルでは結構使える手です。

配車を頼むと迎車メータがかかる場合が多いですが、今回の手を使えばタクシーを捕まえやすく迎車料金もかからないので一石二鳥。

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする