介護用ポータブルトイレは購入しても意外と安い。夜の頻尿にも大活躍

ポータプルトイレ

わたしには現在入院している父親がいます。一昨年の夏ごろに入院し、既に1年半。医師や看護師の方のおかげで回復に向かい目下リハビリ継続中です。後々にはリハビリを終えて家に帰ってくることになると思いますが、今はまだ一人で用を足すこともできず歩くことも困難な状態。介護保険で家の中に手すりを付けたりすることはできても、毎日のトイレとなるとやはり一人でできない状態というのは、家族としての負担は大きく自分たちの生活も大変になります。

そこで今回、母親も高齢で頻尿に悩まされていることもあって、” ポータブルトイレ ” の購入に踏み切りました。他の製品との比較はできていませんが、ひとまず簡単にどんな感じのものであるか今回書いていきたいと思います。

災害時にも役立つものだと思いますので、是非一度読んでみてください。

「スポンサーリンク」

【レンタルでなく購入にした訳】

介護保険を使えば購入費用を安く抑えることができるのですが(購入代金の9割が公費負担。ちなみにわたしの父は「要介護5」です。)、どちらかというと今回は母親が早急にほしいということで「購入」という形になりました。

母親は健康で介護不要なので、どっちみち介護保険を使ってレンタルというわけにはいきませんし安くもならなかったので。

母親は70歳近いのですが、夜の頻尿に悩まされています。多い時は、夜の0時から起床する7時ぐらいまでの7時間の間に3~4回ぐらいトイレに行くようです(まあ、高齢だから仕方ないですね)。

うちは2階に寝室がありトイレは1階にあります。

高齢となると階段の上り下りは、初老のわたしが考えるよりもはるかにきついらしく、トイレの回数のために寝不足になるというのも非常に辛いようです。

薬で何とか・・・ということもできるとは思います。今は良い薬も出ているようですし。ただ自然な流れを薬の力で強制的に調整するというのはどうも抵抗があるようです。まあ気持ちはわかります。

ならば負担を少しでも軽くできるようにと、一時期は1階に布団をひいて寝起きしていたのですが、部屋が狭いので畳んだ布団を置いていおくスペースもなく断念。結局今まで通り2階で寝起きするようになり、ポータブルトイレを寝室に置くという方法になりました。

【購入品について】

急ぎということもあり、ネットで購入はしませんでした。ネットで購入した方が配達してくれるし比較検討もできたのですが、今回はなんせ「1日でも早くほしい」ということだったので、翌日以降に届くネット注文は断念しました。

ポータブルトイレの購入場所


半年ぐらい前に家のトイレを「ウォシュレット」にバージョンアップしたのですが、そのとき近所のコーナンで製品を比較検討したことを思い出し、とりあえず近所のコーナンへ。

電化製品ではないし若干の不安がありましたが、ありました!コーナンに!!

近所のコーナンは薬局が中に入っており、介護用品を置いているところにありました。ただ製品は2種類のみ。

ポータブルトイレの値段


1種類は税込みで9000円ほど、もう一つは16000円ほどでした。

全く何も調べずに店に行ったので、それが高いのか安いのかもわかりませんでしたが思ったよりは安かったです。母親や数万円すると思っていたらしく後で聞いたら10万円ほど持って行っていたようです。

金額が高い方は椅子の形になっており、ちょっとした背もたれと肘置きが付いています。店員の説明を聞いて納得したのですが、肘置きが付いていると立ち上がるときに楽だとのこと。

「なるほど!」と思いはしましたが、値段が結構違うんですよね。。。ポータブルトイレが良いかどうかも、その時点ではわからなかったので、ひとまず今回は安価な方を選択しました。

購入品の仕様


購入した製品はこんな感じのものです。

ポータブルトイレ設置

製品名     ポータブルトイレ ポケット付き デラックス
製品品番    VALPTHBEDX
色調      ベージュ
製品重量    3.8kg
サイズ(cm) 幅43×奥行48×高さ41.5
材質      ポリプロピレン

重さが3.8kgなので牛乳パック4本分ぐらいですね。両手で持った感想は「軽い!」です。70歳の母親が持ったまま階段を上がれるぐらいなので移動は苦にならないレベルです。

材質のポリプロピレンですが、これは一般的なプラスチック素材の一つです。

ごみ箱やバケツ、下着やシャツにも使われているようなわたしたちの生活の周りに普段からあるものでできています。

 良いポイント①


底面に滑り止めゴムが付いています

重量が軽いので置き場所によっては「ドスン」と腰を下ろしたときにポータブルトイレが動き、バランスを崩してこけてしまうことが考えられます。

しかしこの製品は滑り止めのゴムがあるのでその点安心です。

さすが介護製品を作っているパナソニック。

 良いポイント②


下図の写真を見てもわかるように、側面にトイレットペーパーを入れる「収納ポケット」が付いています

しかも左右に!これであれば右利きでも左利きでも対応できます。さすがパナソニックですね。

ポータブルトイレの設置 その2

 良いポイント③


先ほどの画像を見てもわかるように、便座カバー(ピンク)が2つ付いています。洗い替え用が用意されているので非常に便利です。

つけ方も簡単です。

 良いポイント④

消臭液が1本付いています

使い方としては、下図の左にあるトイレポットに水1.5~2リットルを入れ、そこに消臭液(青い液)1メモリ分を混ぜておきます。

別に消臭液はなくてもいいかもしれませんが、ここまで用意してくれていると別買いしなくて済むので助かります。
※トイレポットは上からはめ込む形です。
ポータブルトイレの設置 その3

 良いポイント⑤


お手入れが簡単です。

便フタを取り外して洗うことができます。

外し方は上図にある「ヒンジピン」部分のツメを手前に回し、ピンを外すことで簡単に取り外せます(ヒンジピンは左右にあります)。

【ポータブルトイレの設置について】

基本的に座って使用するので問題ないのですが、万が一を考えて下に何か敷いた方が良いと思います。

うちの場合は同じくコーナンに売っていたスポンジタイルを2重に敷き、その上にポータブルトイレを置く形にしました。因みにスポンジタイルもコーナンに売っています。8枚セットで500円ぐらいだったと思います。

(購入したスポンジタイル)スポンジタイル

【お手入れについて】

磨き粉や、たわしは傷がつくので使用しない方がいいようです。

またポリプロピレン(プラスチックの一種)であるため、シンナーやベンジンは使用できません(変形や破損の恐れあり)。

市販の中性洗剤をスポンジや柔らかい布にしみ込ませて汚れを拭き取り後、水洗いして水切りをします。

まあ通常は、水を勢い良くかけるぐらいでいいと思います。もうすでに1年近く使っていますが、あえて掃除したりはしないようですし。

【まとめ】

母親に使用した感想を聞きましたが、「もっと早く買っておけばよかった」という高評価でした。

他の製品はわかりませんが、今回購入したポータブルトイレには、必要なものが最初から付いているので非常に便利であると感じました。

※因みにですが介護保険を使用する時には、ケアマネージャに相談し、指定された所で購入なりレンタルする形になります(勝手に自分で購入することはできません)。

日本は天災が多い国でもありますし、災害用としても1つ置いておけばもしもの時にも役に立つと思いますので、防災グッズとしても検討の余地ありな商品かと思います。

興味のある方はご検討を。

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする