タクシーを呼ぶスマホアプリ。呼んでも来ないのには理由がある?

タクシー

みなさんは、出先からタクシーを電話で呼んだことがありますか?わたしは過去、出張族の仕事だったため、地方に行くとよくタクシーを利用していました。田舎となるとタクシーの数も少なく、目の前を通るタクシーが少ないので、周辺のタクシー会社を探して呼ばないといけないのが普通ではありますが、結構この作業が手間なんですよね。

しかし最近は、配車アプリなるものが登場し、そんな不便も解消されつつあります。

ただ、この便利なサービス。

まだまだ発展途上なのかわかりませんが、呼んでも来ないことが多々あるようです。

今回は、タクシーの配車アプリにおける便利な点と、呼んでも来ない理由について、所見含め書きたいと思います。

「スポンサーリンク」

【タクシー配車アプリが便利だと思う2つの理由】

現実(タクシーをアプリで呼んでも来ない事が多いということ)を書く前に、まずはわたし自身が、配車アプリの便利だと思う点について書きたいと思います。

「口頭説明」がいらない

タクシーの配車依頼を電話でするとき、これまで難しいと感じていた部分があります。

それは、口頭説明がいる場合です。

例えば、周辺が狭い路地ばかりでわかりにくい迎車先などですね。

ある程度自分が動けるなら、広めの道路まで出ることも可能ですが、大きな荷物があって運べない場合や、台風などの天候不順の場合はそうはいきません。

また、外出先など土地勘がないところも然り。

「近くに何がありますか?」

「東西南北どちら側ですか?」

などと聞かれても、そもそも知らない場所なので、説明すらできません。

その点、配車アプリは超便利!

とある配車アプリを使ったことがありますが、他社の配車アプリも同様、事前に自分の名前と携帯番号を登録するだけで簡単にタクシーを依頼することができます。

電話(口頭説明)をする必要はなく、配車アプリの画面上で呼びたい場所を指定するだけでOK。

一例ですが、タクシーを呼ぶときは、「ココに呼ぶ」というマークを、自分がいる場所に合わせるだけ。オペレーターと話すことなく完了です。

配車アプリの画面例

※恐らくですが、これはどのタクシー配車アプリでも同じような感じだと思います。

手間(操作)の問題

出先において場所がわからないということは結構あります。

配車アプリを使う時点で、ネットには接続できているわけですから、別に配車アプリを使わなくても、周辺のタクシー会社を見つけることはできます。

が、若干手順が多くて面倒。

例えばこんな感じでしょうか。

1.GoogleMapを起動し、画面右上の「iマーク」をタップ

2.現在地をマークして住所を確認

3.任意のブラウザで検索

※『タクシー 呼ぶ 検索した住所 』等で検索

結構面倒ですね。

これに対し、配車アプリは機能が配車に特化しているので、前述のように迎車先を合わせるだけでアプリが勝手に周辺検索、配車依頼データをタクシー会社に送信してくれます。

<補足>

配車アプリは「神アプリ」ではありません。

迎車先によっては、周辺にタクシー会社がなければそもそも呼ぶことは出来ません。

この周辺というのは、恐らく迎車メーターの料金内で行ける範囲だと推測されます。

迎車メーターについての詳しい説明は、過去記事が参考になります。

【タクシーを呼んでも来ない理由】

この便利なタクシーの配車アプリ。ネット上の意見を見てみると、意外と使えないという評価もあります。

なぜなら、配車アプリで呼んでもタクシーが来ないから。

知り合いで、過去に配車を行っていた人がいるので聞いてみました。

利用状況はどうだったのかと。

すると、配車アプリに対してはあまり良い印象を持っていないという言葉が・・・。

迎車場所に行くとお客さんがいない

これは結構な確率みたいです。

タクシーを呼ぶ人は大体が「急ぎ」。

少しでも早く乗りたい気持ちがあるので、たとえタクシーを配車アプリで呼んでも、目の前に別の「空車タクシー」が来ればそれに乗ってしまうのでしょう。

気持ちはわかります。

あとはいたずらと言うか「試し呼び」をする人がいるのかもしれません。

キャンセルしても、キャンセル料が取られることは無いですから、断ることに抵抗があまりないんでしょうね。

※大阪タクシー協会に所属しているタクシー会社は、迎車メーターがかかるのが主流のようです(他の都市でも迎車メーターを取っているところはあります)。

ですので、タクシー会社や配車センターなどに電話で配車を依頼した時は、キャンセルするとキャンセル料金がかかるのがスタンダードという事です。

ただ、キャンセル料の徴収は、その人がその場所にいて初めて成立するものです。

回収できない場合の乗務員への補填は、タクシー会社が行わないといけなくなる為、必然的に

配車アプリでの配車に積極的になれない → タクシーを呼んでも来ない

という流れになります。

配車依頼時に課金し、キャンセルになっても迎車メーター分は戻ってこないという仕組みができれば、もう少し変わるかもしれませんね。

迎車先の指定場所が悪い

タクシー配車アプリでの『迎車先の指定』にはコツがいります。

下の画像2つ(ア・イ)を比較してください。

これはどちらも郵便局を迎車先としているのですが、よく見ると「ココに呼ぶ」というマークの位置が異なっています。

(ア)

タクシー配車アプリの迎車先指定(悪い例)

(イ)

タクシー配車アプリの迎車先指定(良い例)

違いが分かりますか?

前者は、マークが「道の上」にあり、後者は「建物の上」にありますね。

その違いが何か関係あるの?

と思われるかもしれませんが、配車アプリによっては迎車先のデータに若干の違いが生まれます。

例えばこんな感じ。

アの場合 ●市▲町1丁目2番

イの場合 ●市▲町1丁目2番4号

「道の上」に迎車先マークを置くと、最後まで住所が表示されないのです。

都市部であれば、この違いはあまり大きくないのかもしれませんが、地方に行けば結構な範囲が同じような地番なので、最後まで住所が表示されないと、依頼者のいる場所が特定しづらくなります。

配車アプリは、氏名と電話番号を登録しないと使えませんが、肝心の電話もつながらないことが多いので、依頼者が見つからずにキャンセルになる(迎車料金がかかる)事を考えると、

配車する側は敬遠する → タクシーを呼んでも来ない

という図式がここでも生まれます。

迎車先を明確な地番のないところに指定できるアプリが問題なわけですが、現状対応できていない配車アプリもあるので、迎車先マークを建物の上に置く方が、自分の居場所を明確化できるという点は、覚えておいたほうが良いと思います。

全体に占める配車依頼の割合が小さい

タクシー業界は、斜陽産業と言われ続けています。

とは言え、いまだに年間の乗車回数は、1年間で10億回超。

電車やバスなら、決まった駅・停留所までしか行ってくれませんが、タクシーは「door to door」。

日本は高齢化が進んでいますし、ゲリラ豪雨など急な天候の変化も増えており、タクシーの役割は未だに多いのが現実です。

そんなタクシーの「依頼による配車」は、街中で手を挙げている人を乗せる「流し」と比較して、どのくらいだと思いますか?

地域にもよると思いますが、都市部では5:95なんてところもあるそうです。

全体の売り上げのほとんどが「流し」という事ですね。

となると、サービスの一貫ではあるにしても、力の入れ加減は変わると思います。

配車する側は敬遠する → タクシーを呼んでも来ない

という流れですね・・・。

【まとめ】

いかがでしょうか。

タクシー会社側のさじ加減にもよりますが、配車アプリによる配車は、すごく便利!というところまではいっていないのが現実です。

呼んでも来ない可能性が高い「タクシーの配車アプリ」。

試すなら、ぜひ時間があるときにしてください・・・。

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする