Tポイントをノーリスクで年間1500ポイント近く貯めるコツ

Tポイントカード

今は、ありとあらゆる店が『ポイント制』を導入しています。中でもカルチャーコンビニエンスクラブが発行しているTポイントカードは、会員数・店舗数ともずば抜けて多い!

会員登録数は6,700万人、取り扱い店舗数はなんと880,000件を越えています。

さて、これだけ利用される機会が多いTポイントカード

実は、とあるキャンペーンに参加し、ちょっこっと操作をするだけで結構なポイント数を稼げることをご存知でしょうか?

もちろん、何かを購入する必要はありません。

必要なものは、

いくつかのネットバンク口座

コレだけです。

今回は、誰でも簡単にポイントをいただける『お得なキャンペーン』を紹介したいと思います。

「スポンサーリンク」

【Tポイントプログラム】

そのお得なキャンペーンとは、『Tポイントプログラム』というものです。

これは、新生銀行が定期的に実施しています。

※一時期なくなりましたが、少し前から復活!

このキャンペーンには、ポイントをもらう為の「行動」が複数あるんですが、お金をかけないといけないものが多いんです(下記)。

●海外ATM利用

●カードショッピング

●積立

●外貨預金    etc・・・

ただ、その中でもお金をかけずにポイントを稼げるものも4つあります

※ポイントの概要を、稼げるポイント数の多い順に書いていきます。

稼げるポイント(他行からの振込み)

銀行間のお金の移動

最も稼げるポイントはコレ。

1回の振込みにつき、25ポイントもらえます。

月の最大振込み回数は4回ですので、これで100ポイントゲットです。

ネットバンクは通常、同じ銀行の支店間は無料でも、他行への振り込みは手数料がかかるという事が多いですよね。

ただ、ネットバンクによっては、ある一定条件をクリアすれば、月数回は手数料が無料で他行へ振り込みすることができます。

※お勧めのネットバンクは、後ほど。。。

稼げるポイント(イーネットATMの利用)

これは、入金でも出金でもOKです。

ファミリーマートに対応のATMがあります(全ての店舗にはないので注意)。

対応のATMかどうかの見分け方は、下のようなマークがATMに付いているかどうか。

E-netマーク

因みに、ポイントをもらうための月の最大回数は2回です。

引き出す時にお金がかかるんじゃない?という心配はご無用!

新生銀行のカードを使えば、入出金は基本的に手数料無料で行えます

これで20ポイント(10ポイント×2回)もらえます。

<補足>

新生銀行には、スタンダード・ゴールド・プラチナと、3つのステージランクがあります。

これまでは、どのステージランクでもATM出金手数料が無料でしたが、2018年10月7日より、スタンダードの場合は、手数料が108円(税込)がかかるように改悪されました。

『ゴールド』以上でない場合は、このATMでの出金ポイントは諦めましょう。

因みに、ゴールドになる為の条件は、下記になります。

円預金

月間平均残高100万円以上

投資商品(外貨預金等)

月間平均残高30万円以上

※この他にもありますが、詳細は下記新生銀行のホームページをご覧下さい。

http://www.shinseibank.com/powerflex/relationship/#toggleList12

稼げるポイント(ネットバンクへのログイン)

外部からの攻撃を防ぐ盾

新生銀行のセキュリティは、他のネットバンクに比べ高いように感じます。

※あくまで個人の感想です。

なんせ、ログインするには口座番号・暗証番号だけでは済みません。

口座開設時に送られてくる ” セキュリティカード ” というものがあり、そのカードに書かれた記号を入力をする事で、ようやくログインができるようになっています。

※カードの、どの記号を入力するかは毎回異なります。

月に1回ログインする事で3ポイントがもらえます。

稼げるポイント(エントリー)

パソコン

毎月、自宅のネットから新生銀行のホームページへ行って登録する必要があります(当然ですが、新生銀行のネット口座を持っている必要があります)。

内容的には、Tポイントカードの会員番号と新生銀行のネット口座番号、生年月日とメールアドレスを登録するだけ。

ちょっと面倒ですが、わずか1分ほどで終わる作業ですので、面倒くさがらずに頑張りましょう。

これで1ポイントもらえます。

稼げるポイント数(トータル)

これまでの4つの行動(他行からの振込み・ATM引き出し・ログイン・キャンペーンへのエントリー)をすることで得られるポイント数は、124ポイント

年間にすると・・・

124ポイント × 12ヶ月 = 1,488ポイント(=円)

家に居ながらログインしたり、ネットバンク間でお金を移動したり、ATMから引き出したりと、少ない労力で年間1,500ポイント(=円)近くを稼げます。

しかもATMの引き出しは別ですが、その他の3つの行動は、全てわずか数分でできるものばかり。

やらない理由はないのではないでしょうか?

では続いて、ポイントをもらう為の必要な準備について書きたいと思います。

【ポイント獲得準備】

実際に、ポイントをもらうために必要なことは3つです。

●新生銀行の口座を開設する

●毎月キャンペーンにエントリーする

●新生銀行以外のネットバンク口座を開設する

順に説明していきましょう。

新生銀行のネット口座を開設する

これは、当たり前ですね。

ログインするにも他行から振込みをするにしても、口座がないと意味がありません。

ちなみに新生銀行はネットメインですので、リアルの店舗が少なく、全国でも30か所ちょっとしかありません。

まあ、ネットで口座開設が出来るので支障はないと思います。

毎月キャンペーンにエントリーする

前述しましたが、毎月インターネットで新生銀行のホームページにアクセスし、エントリーをする必要があります。

面倒かもしれませんが1分もあれば済むので、面倒くさがらずにエントリーしてください。

因みに、エントリーのタイミングは、その月のどのタイミングでもOKです。

※エントリーしてから前述の作業(他行からの振り込みとかログインなど)をしないといけないわけではありません。

とにかく、月1回エントリーすればいいのです。

新生銀行以外のネットバンク口座の開設

人件費が安く済むネットバンクと言えども、同行同士ならまだしも、他行への振り込みは手数料がかかるのが一般的です。

しかし、ネットバンクの中には、他行への振込みが回数制限ありで無料というところがあります。

わたしのお勧めは、『大和ネクスト銀行』と『楽天銀行』。

<大和ネクスト銀行>

大和ネクスト銀行は、今回の件に関わらずお勧めです。

なぜかというと、このネットバンクは振込手数料が無料になる条件が特にないから

口座を持っているだけで、新生銀行への振り込みが月3回まで無料なのです。

これはかなりお得!

今回の件とは関係なくても、口座を作って損がない銀行の一つと言えるのではないでしょうか。

 <楽天銀行>

こちらは、残高に応じて他行への振込手数料が無料です。

50万円以上口座にあれば、月2回まで他行への振込みが無料。

他行からの振込みでポイントが貰えるのは、月最大4回までですが、大和ネクスト銀行が月に3回まで振込手数料がかからないので、楽天銀行から振り込むとしても1回でしょうか。

【ポイント獲得の流れ図】

これまでの流れをまとめると、下記の図のようになります。

ポイント獲得の流れ図

①入  金

振り込み手数料がかからないネットバンクをお持ちなら、ネット経由で入金します。

まあ、なくてもファミリーマートの対象ATM(イーネットATM)を使えば手数料無料で入金が可能です。

●楽天銀行への入金

楽天銀行の場合、3万円以上でないと手数料がかかるので、必ず3万円以上を預け入れるようにします。

●大和ネクスト銀行への入金

大和ネクスト銀行は、利用者に本当にやさしいですね。

ここは、金額に関わらず9時~21時まで手数料無料で入金できます。

こちらも3万円ぐらいで良いと思います。

②振  込

入金が終わったら、次は振込み作業です。

この作業は、家からネットを使って振込みます。

新生銀行のTポイントプログラムに登録し(その月のどこかのタイミング。ただし毎月必要)、新生銀行に対して、毎回1万円を振り込みます(月4回まで)。

<補足:振込みの実施について>

ここでの注意は振込金額です。

いくらでも良いというわけではありません。

では、最低いくら必要かというと1万円です。

最低1万円は振り込まないとポイントがもらえませんので注意が必要です(以前は1000円からOKでしたが、いつの間にか1万円以上に上がっています)。

振り込み自体は4回行うわけですが、個人的には間隔をあけて実施しています。

連続で実施しても問題はないんでしょうが、適度に分散させる方が「ポイントもらう為にやってます感」がないかなと勝手に思っています。

※わたしの場合は、1週間に1回ペースで実施しています。

③引き出し

新生銀行にお金を振り込んだ後は、そのお金を楽天銀行と大和ネクスト銀行に戻さないといけません。

新生銀行からお金を引き出す時は、ファミリーマートのATMで行えば手数料が無料で下ろせます。

ここで手数料がかかっては、元も子もないですから気をつけてください。

※前述したように2018年10月からは、ゴールドランク以上でないと、108円(税込)手数料がかかります。

そして、前述の『①入金』の流れに戻ります。

要は、この流れの繰り返しです。

ATM操作は煩わしいと言えば煩わしいですが、まとめて一定程度入金してしまえば毎月行う必要はありません。

また、引き出しと入金は同じATMからできるので手間もそれほどかかりません。

※下記のマークがついたATMですよ!

E-netマーク

【まとめ】

いかがでしょうか。

月124ポイントではありますが、年間にすると1,488ポイント。

大したポイント(金額)ではないと思う人がいるかもしれませんが、少しの作業で、しかもノーリスクで稼げるのはお得ではないでしょうか。

各ネットバンクへのログインが面倒であるとか、キャンペーンにエントリーする煩わしさはありますが、毎回わずか1分ほどでミッション完了。

1年間で1488円ものお金を街中で拾えますか?

無理ですよたぶん。

やるかやらないかはあなた次第です!!

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする