ジェフグルメカードの疑問を解決!お釣り・券売機・有効期限など

ジェフグルメカード

みなさんは、仕事の時のランチをどこで食べますか?OLの方なら、こじゃれた店で1000円近くするランチを食べるイメージがありますが、わたしのような薄給戦士には、到底そんなごちそうを食べる余裕はありません。

そこで最近は、ランチ代を少しでも安くしようとジェフグルメカードを多用。

労働日の半分近くは、このジェフグルメカードのお世話になっています。

さてこのジェフグルメカード、金券ショップで額面金額よりも安く売られているので、わずかながら得をするわけですが、気になる点があります。

それは、

お釣りが出るのか、出ないのか

という問題。

今回は、そのあたりを中心に、ジェフグルメカードについて書きたいと思います。

「スポンサーリンク」

【ジェフグルメカードって、お釣りは出る?出ない?】

吉野家などのファーストフードや、ガストなどのファミレスなどでは、税込みでもワンコインを切る値段のメニューは少なからずあります。

まあ500円以上、1000未満のメニューでもジェフグルメカードを2枚出せば、同じくお釣りが発生する状況になるので、お釣りが出るタイミングは結構ありますね。

わたしが普段使っているお店では、これまで問題なくお釣りが出ていました。

が、ジェフグルメカード取扱店の全てのおいてお釣りが出るのかは、正直この記事を書くまでははっきりとはわかりませんでした。

ということで、一番確実な方法として運営元に確認してみました。

以下は、その回答です。

【回答】
ジェフグルメカードの場合、
おつりは原則としてお出しすること
としています。
ただ一部店舗においてはテナントとの契約、会計上の問題によりおつりが出ない店舗がございます

一部店舗(お釣りが出ない店舗)については、こんなところがあるようです。

●名鉄百貨店

●横浜赤レンガ倉庫

●山岡家

<注意>

これは、あくまで質問を投げかけた2016年夏ごろのお話ですので、
現在は変わっている可能性があります。

いずれにしても、チェーン店は含まれていないので、結論的には、

ジェフグルメカードのお釣りは、ほぼ100%出る

というのが正解です。

高額ならば、カード払いよりもジェフグルメカードの方がお得

ジェフグルメカードは、全国に35000店舗ある加盟店で利用できます。

500円券ということで、ファミリーレストランやファーストフードなど比較的安価な店が多い中、意外な高級店でも使えます。

例えば下記の店舗。

●中納言

●かに道楽

●とらふぐ亭

伊勢海老・かに・ふぐといった、一般的に高級とされている食材を取り扱う飲食店でも、このジェフグルメカードは使えるんですね。

この前、上記の店舗において二人で19000円の食事をしましたが、その時もカードグルメカードで全額払いました。

19000円ですから、ジェフグルメカード38枚です。

今は、1枚480円で購入しているので、

20円×38枚=760円

が浮いた計算になります。

カードで支払いをした時と比較してみましょう。

カードのポイントは、大抵金額の1%ですから、

19000円×0.01=190円

になります。

どうですか、ジェフグルメカードを使えば、カード払いよりも

570円もお得になります。

1日のランチ代が出てしまいますね。

やたらとカードのポイントを貯めたがる人がいますが、上記の内容を見てもらえれば、必ずしもカードで払うことが良いとは言えなくなることがお分かりいただけると思います。

【券売機がある店舗ではどうやって使う?】

ジェフグルメカードが、全国多くの飲食店で使えることは前述しました。

ただ、中には券売機を置いている店舗もあります。

例えば、街かど屋。

ここは定食屋なんですが、少し前から券売機が置かれており、当然ジェフグルメカードを入れ込むような吸い込み口はありません。

他にもこういった店舗はあると思いますが、こういう券売機がある店では、アナログ的ですが

口頭で店員にオーダーします

そして、お釣りは直接店員からもらいます。

周りから見たら違和感があるかもしれませんが、券売機がある店舗ではこんな風に注文しましょう。

【ジェフグルメカードの有効期限は】

ジェフグルメカードは、サイゼイリアやモスバーガーなど、誰でも一度はお世話になったことがあるであろう飲食店を展開する大手の外食チェーンが参画している「一般社団法人日本フードサービス協会」の関連団体、「株式会社ジェフグルメカード」が発行しています。

※日本フードサービス協会は、1974年に農林水産省の許可を受けて「日本の外食産業の発展と豊かな食文化の創造」を目的に設立された団体です。現状800社にもなる会員を抱えており外食産業関連では最大の組織です。

ですので、紙切れになって使えなくなることはまず考えられません。

有効期限はありません。

商品券と同じ金券にあたりますのでお祝い事や会葬お礼としても使用できます。

ジェフグルメカードはどこで買う?

では、そんなジェフグルメカードはどこで買えばいいでしょうか。

ネットや実際に利用できる特定のお店(イトーヨーカドーの店舗では取り扱いが多いです)で購入することもできますが、ネットや店舗で買えばそのままの値段なので意味がありません。

購入するなら庶民の味方金券ショップです。

わたしが見た最安値は1枚480円でした。

たかが20円の節約と侮ることなかれ。

1か月の労働が22日として、その半分の11日でこのカードを利用したとすると1か月で220円。

年間にすると2640円のお金を節約することができます。

過去にも書きましたが今、3000円近くの利息を稼ぐには、郵便局の普通預金(金利0.01%)に3000万円を預ける必要があります。

ジェフグルメカードは、金券ショップでは結構取り扱いがありメジャーですので、見かけたら一度覗いてみてはいかがでしょうか。

<補足>
ネットで販売されているものは割引されているものもあるようですが、ジェフグルメカードのホームページでは、偽造品が出回っているという情報が出ています。

安すぎるチケットは偽造品である可能性もあるので気を付けてください。

【まとめ】

いかがでしょうか。

お釣りもほぼ出るジェフグルメカード、意外とお得感がありませんか?

このジェフグルメカードは、先に起こった東日本大震災の復興のためにも役立ちます。

あまり金券ショップでは見かけたことがありませんが、東日本復興支援プロジェクトとして売り上げの一部(5円)を被災地の支援に送ることができるのです。

寄付として微力ながら応援することもできます。

購入者の負担は特にないので、見かけられた方は是非そちらも検討していただければと思います。

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする