運転中のスマホ操作による違反には「種類」があるという事実

スマートフォン

スマホや携帯電話は、子供から高齢者まで今やほとんどの人が持っています。特にスマホは、いわば「小さなパソコン」であって、ガラケー時代には画面の小ささから煩わしかった操作が簡単に外出先でできるようになり、わたしたちの生活を一変させました。しかし、一方でどこでも使える気軽さから周りの状況を確認しないで使用している人が多くおり、道路交通法改正により罰則が強化されてからも、未だに危険な使い方をしている人がたくさんいます。

では、街中でよく見る車運転中のスマホ操作は、いったいどの程度の罰則があるのでしょうか?

今回は、自分も違反してしまうかもしれない、車運転中のスマホ(ガラケー)操作における注意点を書きたいと思います。

「スポンサーリンク」

【違反内容】

一口に車運転中の携帯電話使用といっても、違反内容には違いがあり、それによって罰則の点数が異なってきます。

運転中の使用における違反


「道路交通法71条5の5」によると、自動車又は原付は、停止している場合を除き、携帯電話用装置や車に持ち込んで取り付けた画像表示用装置を注視してはいけないとなっています。

ここにある ” 画像表示用装置 ” というのはカーナビがあたります(速度計や走行距離を表示するものは除きます)ので特に注意が必要です。

わたしも行先検索して知らない土地では、カーナビのお世話になっていますが、ポイントは「注視」というところにあります。注視というのは” じっと見つめること ” を指します。

まあ、運転中は前方を見ることが当たり前ですから注視がダメであることは当たり前と言えば当たり前ですね・・・。

余談ですが、最近のカーナビはテレビが映る機能が当たり前のようについています。しかし、走行中は映らないようになっていますよね。これはテレビが走行中も映ると、そちらを注視してしまう可能性があるからです。

カー用品販売店であれば、走行中も映るように設定してもらうことができるのかもしれませんが、本来はアウトですので気を付けてください(日産やトヨタなどのディーラーでは絶対に、走行中にテレビが映るようにはしてもらえません)。

では具体的に、携帯電話等を使用している上において、罰則の違いはどこにあるのでしょうか。

それは、

通話、又は画像表示用装置を注視することで交通の危険を生じさせたかどうか

の違いです。

交通の危険


これは平成11年の改正からあるもので、道路交通法上では第119条第1項第9号3にあたります。

例を挙げると、通話したりカーナビ画面を注視していることで、一旦停止しないといけない箇所で止まらないとか、一方通行を逆走したりといった交通違反をした場合がこれにあたります。

これは事故を起こす危険があるので「交通の危険」にあたります。

違反点数は「2点」です。

本来は、罰則として「3年以下の懲役又は5万円以下の罰金」なのですが、道路交通法には、” 交通反則通告制度 ” というものがあるので、懲役や罰金は免除されて点数が引かれるという形になるんですね。

手で保持


これに対して、平成16年の改正で新たに追加された追加になったのが、この「手で保持」というものです。スマホが急速に普及していることから罰則が厳しくなったんですね。

これは、前述の「交通の危険」と行為自体は同じなのですが、違反をしているかどうかという部分が異なります。

つまり、交通法規は犯してないけども、携帯やスマホを手に持って通話をしたり、画面を触ったり見たり注視している時にアウトになります。
※カーナビは手に持つモノではない為、注視してもアウトではありません。

街中で運転している車を見ると、結構な数の人が普通にスマホ画面を触ってますよね。あの方々はいわば全員アウトなわけです。

この場合は、罰則として「5万円以下の罰金」なのですが、同じく” 交通反則通告制度 ” が適用されるので、点数が引かれるという形になります。

違反点数は「1点」です。

交通反則通告制度


昭和42年にできたもので、なんでもかんでも交通違反したものに対して罰則を与えるというものではなく、軽微なものに関しては、「反則金を支払なさい」という通告を行い、それに従った場合は、刑事罰における裁判をしないという制度です。

ちなみにこの反則金は罰金とは異なりますので、犯歴として記録されることはありません

ただ、下記の場合はこの制度が適用されることがないので注意が必要です。

① 無免許・無資格の状態で運転をした場合

② 交通事故を起こした場合

③ 酒酔い運転・酒気帯び運転をした場合

④ 麻薬を注射した状態で運転をした場合

【免許の更新】

3年もしくは5年に一度、自動車運転免許証を持っている人には面倒くさい更新手続きがやってきます。

更新時には更新手数料と講習手数料を支払い、講習を受ける必要がありますが、前回更新時から今回更新時までの違反があるかどうかによって、支払う金額や講習時間には差が出てきます。

※更新手数料は一律2500円です

優良講習

・条件 → 過去5年間無事故無違反

・講習手数料:500円  講習時間:30分

一般講習

・条件 → 過去5年間で軽微な違反1回のみ

・講習手数料:800円  講習時間:60分

違反講習

・条件 → 上記以外の者

・講習手数料:1350円  講習時間:120分

一般講習までであれば次に交付してくれる免許の有効期間は5年ですが、講習時間は優良運転者の倍ですし、免許の色もゴールドではなく青になります。

軽微な違反点数(1~3点)であれば、数か月で引かれた点数がリセットされるという都市伝説的なモノもありますが、現実はそんなに甘くありません。ちゃんと蓄積されたままで消えることはありません。

ですので、ちょっとぐらいの駐車禁止場所での駐車や、速度超過などやってしまいがちなことも充分注意することが必要です。

【まとめ】

ポケモンGOが一時期流行り、当時運転中にやって事故を起こすという報道がありました。

今は下火になっていますし、あんなアホなことをする人間は今はいないと思いますが、今回の記事で書いたように、警官が外から見てスマホや携帯を触っていることが分かった場合には、止められて反則金(&点数)を取られる可能性があることは、恐らくあまり知られていません。

まあ、運転時はドライブモードにし、カバンに入れてしまうなど見ることができない状態にするぐらいの方が良いでしょうね。

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする