手続き・プラン変更せずに、電話代を半額にする方法とは?

スマホとガラケー

みなさんは月にどのくらいの電話代を払っているでしょうか?最近は、格安スマホも少しづつ市民権を得ているようで、徐々には増えてきているようですが、手続きの変更が面倒であるとか、大手キャリアの方が安心などの理由で、未だに定額制の料金プランで高い固定費を払っている人は意外と多いのではないでしょうか?わたしの場合、スマホの電話はあおくまで「用件を伝える」・「連絡を取り合う」という手段でしかないものなので、格安スマホを使用し電話も極力かけないようにしています。

とは言え、まったく電話をかけないというわけにもいかない。

場合によっては、ちょっと長い時間電話をしないといけないこともあります。

「なんとか電話代を安くできないか」と日々思っていたところ、最近とある方法で電話代が安くなるという記事を発見。

早速試し、効果を確認できたので今回記事にしたいと思います。

数分間という短時間電話ではお得感は少ないかもしれませんが、長時間に及ぶ場合は結構金額が変わってくるので、電話代を少しでも安くしたいという方は、ご一読いただければと思います。

「スポンサーリンク」

【電話代が安くなるサービス】

そのサービスの名前は、「DMMトーク」。

DMM自体は結構有名ですよね。関連会社のCMが最近よくやってますし。

因みに、このDMMトークを使って通話した場合の電話代は、DMMに支払う形になります。

では特徴を書いていきます。

メリット(料金)

この「DMMトーク」を使用する一番のメリットは、その料金の安さです。

通常スマホで電話をかけると、

30秒で20円かかります

これは大手キャリアであろうが、格安スマホを展開している会社だろうが同じです。

それが、このDMMトークを経由することで、その金額がなんと

半額

になります。

30秒で10円ですね。

簡単にシュミレーションしてみましょう。

①5分程度の電話

定期的に合っている友人と久々の夕食。

しかし、仕事の都合でどうしても待ち合わせの時間には間に合いません。

店の予約時間があるので、ひとまず先に友人に予約している店へ行ってもらいました。

ようやく仕事を終え、予約したというお店に向かいますが、どうも場所がわかりにくい。

電話でナビをしてもらいながら店に到着。

通    常 (30秒20円) → 200円

DMMトーク (30秒10円) → 100円

差額100円

②30分程度の電話

わたしの勤める会社では、仕事で使う電話は自分のスマホを使うようになっており、通信費は全て自腹。

少しの補助もありません。

仕事となると、用件だけを伝えて「はい、さよなら」というわけにもいかず、場合によっては1回の電話で30分近くになることも。

通    常 (30秒20円) → 1200円

DMMトーク (30秒10円) → 600円

差額600円

どうでしょうか?

5分と言えども100円の差。

30分となると600円も変わってきます。

電話の回数や1回あたりの時間ががかさむと結構な金額の差になってきますよね。

やはり半額というのは大きな差です。

メリット(使い勝手)

ここまで「アプリ」として書きましたが、この「DMMトーク」は、

アプリをインストールしなくても料金が半額になる

という使い勝手の良さもあります。

アプリのインストールと聞くと敬遠する人もいると思います。

特にandroid系は、Appleほどアプリの審査が厳しくないので、個人情報を抜き取ったり何かと悪さをするプログラムが埋め込まれたアプリが含まれている可能性がありますからね。

※「DMMトーク」アプリは、android版、Apple版どちらもあります。

インストールに抵抗がある人は、電話をかける時に下記の番号を先頭に付加すれば、このDMMトークの効果(料金半額)は、有効になります。

(先頭に付ける番号)

0037-622

※例.0037-622-090-×××・・・

更にDMMトークの良い所は、DMMのスマホでなくても良いし、ガラケーでもPHSでもOKだという点。

まだまだガラケーを使用している人もいると思いますが、手間(上記の番号を先頭に付加する)さえ惜しまなければ、電話代を半額にできるのです。

メリット(通話品質と番号通知)

わたしは昔、楽天モバイルを使用していましたが、その時、電話代が安くなるということで「楽天でんわ」と言うIP電話を使っていた時期があります。

IP電話も電話代が安くなるという点では、DMMトークと同じなのですが決定的に違う点が2つあります。

それは、通話品質番号通知

楽天でんわアプリなどの電話代が安くなるIP電話は、ネット回線を使用しているので通話品質が極めて悪いのです。

こちらの声が相手に聞こえない、通話が突然切れるなんてのはしょっちゅうで、まともに通話ができませんでした。

しかし、DMMトークは電話回線を使用しています

つまり、家の固定電話と同じで品質は全く問題なし。

もう1点の番号通知についてですも、IP電話には問題があります。

それは、こちらの電話番号とは異なる番号(IP用の番号)が通知されてしまうという事。

知らない番号から電話がかかってきた場合、電話に出ないという人は多いと思います。

相手方に負担なく番号が通知できる事は、できて当たり前の事のように思われますが、IP電話ではできません。

【実際の通話明細】

こちらが1か月の電話代です。

DMMトークを使用して電話した、ある月の明細

通話時間から換算すると、通常電話代は30秒で20円ですから、320円ほどになるはずです。

しかし、金額はほぼ半額です。

<補足>

きっちり半額になっていないのは、1回あたりの通話時間が関係しています。

上記明細の「通話時間」というのは、単純に通話した時間の合計ですが、料金の計算自体は、「30秒一括り」として計算しています。

例えば、10秒で電話を切っても10円ですし、29秒で切っても同じ10円です。

通話時間の合計のみで判断すると160円になるはずですが、190円となっているのはこの為です。

【まとめ】

いかがでしょうか。

大手キャリア・MVNOとも、5分かけ放題というプランをやっているところもあるので、使用スタイルによっても変わってきますが、場合によっては、DMMを使用することで料金が安くなる場合があります。

プランやキャリア変更しなくても、電話番号の付加だけで電話代が安くなるのでDMMトーク。

一度試しに使ってみてはいかがでしょうか?

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする