長財布はもう古い?ポケットに入るポーターのお勧めカードケース

財布サンプル

みなさんは、どういうサイズの財布を使用していますか?一時期、『金持ちは長財布を使用している』なんて都市伝説な噂もありましたが、あれって結構信じている人多いですよね。わたしの周りでも、長財布を使用している人がたくさんいました。

しかし、この長財布、服装によっては使い勝手がとにかく悪い!

スーツの時は内ポケットに入れられるのでいいんですが、プライベートでしかも夏場なんかだと、邪魔で仕方ない。

ジーパンのポケットだと半分ぐらい外に出るし、かといってボディーバックなんかに入れて持ち歩くのも面倒。

最近は小型の財布が流行っているそうですが、何かと増えるポイントカードも持ち歩きたいので、今回カードケースを財布代わりにと考え、ポーターのカードケースを購入。

使用してみて思ったのは、カードケースって意外と使るという事。

財布の小型化を考えている人は、ご一読ください。

「スポンサーリンク」

【ポーター(吉田カバン)という選択】

ポーターを知らない日本人は、あまりいないと思います。

なんせ壊れない(丈夫)という事で有名ですから。

「日本一クオリティーにこだわったカバンメーカーでありたい」というのが創業者の理念であり、その品質の良さには定評があります。

わたしは、10年前に初めてポーターの定期入れを購入しましたが、10年経った今でも糸ほつれや、生地のヘタレもなく購入時に近い状態を保てています。

『定期入れ』ですから、会社に行く限りに少なくとも1日2回は、ポケットから出し入れし、かなりハードに使用しているわけですが、他人に譲れるレベルを維持できています。

ポーターの定期入れ

Made In Japanで選ぶなら、やはりポーターは外せないメーカーの一つと言えるのではないでしょうか。

【ポーター(WONDER CARD CASE)】

今回購入したカードケースには、小銭入れが付いていません。

小銭入れ付きとなると、どうしても財布がブタになってしまいスマートではないですよね。

なので、今回はあくまでカードと紙幣のみを入れる目的で選びました。

それがこちらのカードケースです。

ポーターカードケース

大きさ的には、手のひらに充分収まるサイズです。

一般的なポイントカードのサイズが、54mm × 86mmですので、いかに小さなサイズであるかがわかると思います。

※表面は、光りの角度によって迷彩柄が浮き上がったように見えます。

カードの収納枚数

今のご時世、ポイントカードを持っていない人は、ほとんどいないでしょう。

どの店でも顧客を囲い込む為に、ポイント還元競争が激化していますからね。

では、一般的にどのくらいのカードを持ち歩いているものなのでしょうか?

マイナビの最近の記事によると、約4人に1人は10枚以上のポイントカードを持ち歩いているそうです。

※1位:Tポイント、2位:WAON、3位:Ponta

そして、その平均枚数は、約6枚強。

今回購入したポーターのカードケースの、収納枚数が12枚ですので、厳選すれば大方の人にとって事足りる収納数ではないでしょうか。

因みに、カードの収納は取り外し可能なクリアケース。

表裏に挟むことが可能です

※クリアケース以外にもポケットが4カ所あるので、カードのみで利用するなら合計16枚は収納ができます。

カードの収納具合と出し入れ

カードケースの形によっては、蛇腹型のカード収納ケースを搭載したものもあります。

しかし、この蛇腹式、仮にケースを床に落としてしまうと、カードが蛇腹部から飛び出してしまってカードが散乱してしまう事態になります。

今回購入したポーターのカードケースは、いわゆる蛇腹式ではありません

クリアケース部

<良い点①:カードが落ちにくい構造>

カードの挿入は、ケースの折り目(中心)から左右になります。

蛇腹式のように、上からはめ込む形ではないので落としたとしてもカードが散乱することはありません。

しかも、クリアケースは若干ざらつき感があり、カードが滑りにくく、しっかり収まります。

<良い点②:カードを入れやすい工夫>

ICチップが内蔵されていないポイントカードは、ケースから出し入れしないといけません。

最近でこそnanacoなど非接触系のポイントカードが増えてきましたが、TポイントカードやQUOカードは、相変わらず磁気読み取り。

このポーターのカードケース部は、切込みが入っているので、カードの出し入れが非常にスムーズに行えます。

カードを挟んだ後の厚さ

さて、全部で16枚のカードを挟むことができるわけですが、カードケースには紙幣も当然挟みたい。

ということで、カード14枚と、紙幣10枚程度を挟んだサイズを測ってみました。

通常何も入れない時の厚さは10mmとなっていますが、上記枚数を挟むと、その厚さは、

20mm

と、未収納時の2倍の厚さになります。

20mmというと、一見厚いように思いますが、これはカードの厚みの問題ですから、どのカードケースでも大差ありません。

※ジーパンの前ポケットに入れても、充分屈めるレベルです。

因みに、紙幣については三つ折りが基本になります。

折り目が嫌だという方も多いと思いますが、カードケースという選択をする限りは、三つ折りは避けて通れません。

※マネークリップという商品も、巷にはありますが、ああいうタイプも基本は三つ折りです

【まとめ】

カードケースには、一見オシャレなものもあります。

しかし、長く愛用できるかどうかのポイントは、ズバリ機能性ではないでしょうか。

ポーターのカードケースは、見た目だけでなく使い勝手も非常に良いので、長財布に飽きてきた人は、検討の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする