「ファミマガーデン」の栽培キットで野菜を育てる(育成編9)

ファミマガーデン育成編9回目の文字

「ファミマガーデン」の栽培キットを使って、家庭菜園全くの素人がどこまでできるのかに挑戦しているわたしですが、今回で「育成」してから2カ月が経とうとしています。ミニトマトに関しては少なくとも種蒔きから収穫まで最低でも3カ月、青しそは特に説明書には書かれていませんが、こちらも2~3か月はかかるとはいえ、順調にいっていればミニトマトは花が咲くような段階でしょうか。

しかし、途中病気や根腐れ、虫害など様々な難敵に出会い、結果的に今は振り出しに戻ってしまっています。

苗を買ってくればこんなに苦労することもないのかもしれませんが、ひとまず種は全て使い切ったので、最後までやりたいと思います。

では早速、今週はどんな様子になったのか、備忘録として書いていきたいと思います。

(過去記事:ココがすべての始まり・・・)
「ファミマガーデン」の栽培キットで野菜を育ててみる(準備編)

「スポンサーリンク」

【ミニトマトの育成】

大阪はほぼ毎日が ” 猛暑日  ” という、人間だけではなく植物にとっても過酷な状況が続いています。

ミニトマトは湿気に弱いそうですが、ここのところ湿気がかなり高いわたしの地域。果たしてどうなったんでしょうか?

経育成過

それではまずは先週の状況から。

(先週)

先週のミニトマトの様子

こちらは先週段階では、全く持って問題なし?と思います(あくまで外見上はですが)。

葉の色も悪く(黄色く)なってないですし、萎えた感じもありません。

比較的元気なのかなと思います。

風通しに気を使った場所に置いているのが良かったのかも。

先週、青しそキットの付属肥料を少しこちらにも投入し(土表面にばらまく)、栄養素的にも補充されていることを願います。

そしてこちらが今週の “お姿  ” です。

(今週)

今週のミニトマトの様子

え~、ほぼほぼ変化なしです。

前述したようにミニトマトは収穫まで最低90日はかかるということなので、そんなに竹のように1日数十センチも成長することはないんでしょうが、それにしてもあまりにも変化がなさすぎる・・・。

どうしてほしいんやろ、コイツは・・・。

一応育成する上で、最終的に元気な1本にしないといけないので片方を取り除かないといけません。

前回は ” もったいない感 ” という貧乏性が出てしまい、1本を手で抜いて、家にあった鉢とその辺の土を入れ込んで植え替え、瞬く間に腐らせてしまいまいましたが、同じ轍は踏みません。

※別の鉢に植え替え、数日で目も当てられない姿に・・・

間引いた後に植え替えたミニトマト

今回は、ちゃんと鉢を買って、根をなるべく傷つけないように土ごと掘り起こして移動させる予定です。

とはいえ今は繁忙期で休みがまともに取れないので、 ” 引越し ” は少し先になりそうですが。

【青しその育成】

こちらもミニトマトと同じように再種蒔きを行い、早くも1ヶ月半を迎えます。

育成経過

基本的にベランダに置いているので、虫の害は心配ない状態です(最初の種蒔きの時は根こそぎいかれましたからね)。

ただ、直射日光がまともに当たるのでその点が正直少し心配です。

ではどうなったか?の前に先週の姿です。

(先週)

先週の青しその様子

ここ2、3週間全くといっていいほど変化が無かったため、付属の化学肥料をばら蒔いたのが先週のこと。

肥料は、土に埋めるのではなく ” ばら撒き ” でいいようです。

そして、こちらが今週のお姿です。

(今週)

今週の青しその様子

なんとなく背丈が伸びてるでしょうか。

ただ、ほぼ変化無し・・・。

製品の説明書を見ると、「水はあげすぎない程度に」とありますが、ネット情報ではたっぷりあげるとなってるし、どっちが本当の情報なのかわからなくなってきました。

ただ青しそは本来繁殖力が強く放置していても大丈夫な植物とのこと。

ここは少し多めに水をあげる方向に変えていきたいと思います。

【まとめ】

向いの家がミニトマトの苗を買ってきたみたいで、すでに実がなっています・・・。

わたしのはいつになった実を付けるのか、というより花?いやいやそのまえに全然大きくならんしっ!!!

と、心の声を抑えつつもう少しがんばりたいと思います。

あー、少し変化が出てくれればやる気も起こるんですがね・・・。

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする