「ファミマガーデン」の栽培キットで野菜を育てる(育成編1)

野菜を育てる育成編の文字

ファミリーマートが展開している「ファミマガーデン」において、勝手に『野菜を育てる一大プロジェクト』に取り組んで1週間が経過しました。野菜作りについては元々興味があり、とりあえず簡単なところからという安易な気持ちで始めましたが、あっという間に1週間が経ちました。

誰でも育てることができるはずの「ファミマガーデン」の野菜たち。

不器用な40代のおっさんでも育てていけるのか、参考にしてもらえればと思います。

「スポンサーリンク」

【栽培キットによる育成:1日目~3日目】

種をまくところまでは特に難しいこともなく終了しましたが、今になって思うと根本的に間違っていたところがありました。

それは種をまいた後の育てる段階になってからの水のやり方です。

今回育てているミニトマトも青しそも同じなんですが、種をまく前に圧縮されている土をほぐす必要があり、それには450mlほどのお湯を使います。

圧縮されているだけあって膨らむと結構な量になるのですが、種をまいた時点では、ほぐしたときに使った水のおかげで土が湿っており、水分を含んでいるように ” 見える ” ので、あまり水をあげていませんでした。

説明書には下記のように書かれています。

「発芽するまでは、土を乾かさないように鉢皿(栽培キットの蓋)に水を入れて土の下から吸水させ、吸水後は余分な水は捨てます。発芽が揃ったら鉢皿に残った水は必ず捨てます。」

と。

しかし、わたしには良くない先入観がありました。

トマトは原産地がアンデスで、ゴツゴツした岩場の水が極端に少ない環境で育っている

という先入観が。。。

そして、発芽に必要な水分もあまりいらない(ほぐすときに使った水で充分)というように考えてしまっていたのです。

結果的に3日目ぐらいまでは、水をほぼあげていません(庭木に水をやるときに少しオコボレがかかる程度)。

当然芽など出てくるはずもありませんでしたが、ここ数日の朝晩の気温の低下が原因かなと思い込み、人間で言う赤ちゃんの段階からかなり過酷な状況にしてしまいました。。。

【栽培キットによる育成:4~5日目】

種を撒いてから4日が経ちました。

が、全然芽が出ません。。。

まあそりゃそうですね、

必要な水あげてませんから・・・。

このままフェイドアウト?と若干諦めモードにある自分がいました。

ただ、いつも何となく運がいいんです、わたし。

恵みの雨が降ったのです! それも結構な量が!!

基本的に太陽の光が必要であることはどちらの野菜も同じなので、庭の中でも日がよく当たるところに置いていたのです。

雨よけもないところに置いていたので、雨が充分息子たち(野菜たち)に降り注いだのです。

次の日(5日目)は、会社が夕方からだったので朝から日の当たる所に再度鉢を移動し、時間と共に変化する「日の当たる場所」に鉢を移動させて、できるだけ日光が当たる時間を増やしました。

【栽培キットによる育成:6~7日目】

充分な水と充分な日光を与えたおかげで、ミニトマト・青しそともうれしい変化が!

ミニトマトは1つだけ小さい二葉が土の中から顔を出し、青しそも、よくよく見ると1つだけ緑っぽい茎のようなものが確認できました。

6日目にしてついに発芽したのです!!

ちょっとですけど・・・。

うれしくなって、またまた温水をあげました。

今度はちゃんと鉢皿から充分に(水でもいいのですが、ミニトマトの発芽温度は20℃~30℃、青しそは25℃~30℃であるため、少し高めの水をあげた方が良いです)。

【栽培キットによる育成:8日目】

前日夜勤で、ヘロヘロになりながら朝帰ってみると、発芽している数がミニトマト・青しそとも増えていました!(赤枠・赤矢印部)

ミニトマト

ミニトマトの発育経過(1週間)

青しそ

青しその発育経過(1週間)

種はどちらもすべて使ってはいません。

ミニトマトは4粒残っていますし、青しそに関しては、半分(20粒)ほど残っています。

とは言え複数蒔いているので、もう少し育ってきたら ” 間引き ” が必要になってきます。

栄養が分散して成長が中途半端になるのを防ぐわけですね。

まあ、いずれにしてもそれはまだ少し先の話。。。

【まとめ】

いかがでしょうか。

説明書に書かれている通りにしなくても(わたしの場合は、水をなかなかやりませんでしたし、やり方も土の表面にかけてしまうなど間違っていました)、これまで書いてきたように、なんとか発芽までは成功しています。

野菜作りは、発芽するまでが大変だと聞きます。

なので、種苗が売っているわけです。

しかし、この「ファミマガーデン」は、野菜作りド素人のわたしでも発芽させるところまでできました。

ですので、みなさんなら十分育てられるのではないかと思います。

いずれにしても種蒔きから20~30日すると、付属の肥料をあげたり、まだまだ収穫まで時間はかかりますが、定期的にどんな感じになっていったか書いていきたいと思います。

興味のある方はひきつづき見ていただければと思います。
よろしくお願いいたします。

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする