「ファミマガーデン」の栽培キットで野菜を育てる(育成編3)

ファミマガーデン育成編3の文字

「ファミマガーデン」の育てるシリーズに着手して早くも1か月近くが経ちました。「ミニトマト」・「青しそ」という一般的には作りやすいと言われている2種類をチョイス。
今週はどんな感じになったかを備忘録もかねて書きたいと思います。

「スポンサーリンク」

【野菜作りに至る経緯】

これまでの経緯を簡単に書きたいと思います。

そもそもなんで野菜を育てようと思ったかというと、単純に以前から野菜作りに興味があったからです。

わたしの家の近所は昔からの田舎町で、減ってきたとはいえまだまだ田畑が多く存在する地域。

最近は仕事をリタイアされたであろうお父さん連中が朝も早よからせっせと畑仕事をしており、いろいろな野菜を作っていました。

それを通勤途中に横目で見ながら「あー、俺も作ってみたい」という衝動にかられたのが一番最初の取っ掛かりです。

ただ、わたしは根っからの面倒くさがりでもあり、なかなかスタートが切れないでいました。素人のおっさんが作れるほど野菜作りは単純ではないと思ったからです。

と言いつつ単なる言い訳ですけどね、今から考えると。

そこに現れたのが ” ファミマガーデン ” なのです。

なんでもこの栽培キットは誰でも簡単に野菜が作れる夢のようなキット。

肥料もついており基本的には同梱された説明にある通りに育てていけば誰でも簡単に収穫できるとのこと。

渡りに船とばかりに早速2種類を購入し育て始めたのが、1か月前のことです。

【ミニトマトの育成】

では、早速どんな感じになったか書きたいと思います

育成経過

まずは前回(1週間前)と今週の結果をそれぞれ写真でいきましょう。

前回

種蒔から2週間後のミニトマトの様子

結果的に芽は100%発芽し、説明書にある通り ” 間引き ” をして最終的に強い1本を残す予定でしたが、なんとなく忍びなくて2本を残すという愚策に出たのが先週の記事でした。

やってみればわかりますよ。

なんか間引きって必要とわかっていてもなかなかできないものです。。。

今回

種蒔から3週間後のミニトマトの様子

どうですかー!!

育ってますよ順調に!!

前回(1週間前)と比較してわかる通り本葉が元気に大きくなってきています。

ここまでの育て方

前回の画像と比べてもらうとわかると思いますが、土の色が変わっていませんか?

そうです。

現在は水が相当少ない過酷な状況下で育てています。

これは説明書にも書かれている通りです。

<説明書き>

「発芽後はやや乾かし気味に管理し、鉢土の表面が薄い茶色になり乾き始めたら、鉢土表面から水差しなどで優しく水やりしてください。」

トマトの原産はアンデス山脈。

ゴツゴツした岩場の水があまりない環境がデフォルトなのです。

甘やかし(水のやり過ぎ)は根腐れなどを起こすのであまり水をやらないことが重要なのです。

よく見ると茎の部分から、細い光輝く ” 毛 ” のようなものが見えます。 茎から毛が生えたトマト

これは順調に育っている証拠だと思います。

” 毛 ” の正式名称はわかりませんが、昔に聞いた話では、土壌の水分が少ない時にトマトが危機を感じて、空気中から水分を取り込もうとして生えてくるものだったように記憶しています(養分として茎に付いた虫を溶かすこともあるとか)。

つまり土壌の水分はイイ感じで ” 乾いている ” わけです。

どのくらい水をやるかというと、せいぜい

掌で軽くすくった1杯ぐらいの水

です。

片方の手で水を飛ばしながら優しく土の表面にかける感じで1日1回だけ水をあげます。

後は日光の良く当たる場所において、できるだけ長い時間太陽の光を浴びられるようにします。

間引き

今回、ついに1本に間引きしました。

ただどうしてもかわいそうだったので、無理は承知でもうひとつ鉢を用意。

家にあった肥料を混ぜた即席の環境へ間引いた1本を植え替えました。

間引いて別環境に植えなおしたミニトマト

どうなるのか・・・。

いやたぶんアカンと思います・・・。

なぜなら、そぉ~っと引っこ抜いたとはいえ、根から完全に植え替えられたわけではないですから。

まあこちらの方は、元々はさみで切って捨てられる運命だったわけですから、あまり期待せずに見守っていきたいと思います。

ちなみにこちらが正式(本命)な方のミニトマトです。

ファミマガーデン本命のミニトマト

【青しその育成】

続いて前回枯れて(腐って?)しまい、再度土をほぐしなおして種蒔した青しそ君です。

前回
1週間前の青しその画像(芽が出ていない)

一度は少し芽吹いたいくつかの種も、その後の水のやり過ぎ?で、姿を消しました・・・。画像を見てもらうとわかる通り緑はどこにもありません。

今回
蒔き直しの青しそ

出てきましたよ、出てきました!

まだまだ小さいですが若干数芽吹いています!!

前回はここで調子に乗って水をあげすぎたんでしょうね。

なので、今回は水の量を少な目にして様子を見ます。

梅雨の影響で、日光は1週間ほど期待できないので若干心配ではありますが、雨がかからない所に置いて保管していきます。

ここまでの育て方

発芽するまでの水の量ですが、全く芽が出ないうちは鉢皿に水を入れて吸収させ、吸収しなくなったら鉢に残った水を捨てます(捨てることが重要!)。

そして日光にひたすら当てる(これも重要!)。

水自体は毎日あげるわけではなく土の表面を触って、水気が少ないかなというぐらいで鉢皿に水を入れて下から吸い込ませます。

こちらはミニトマトに比べて出遅れているので書くことはこのぐらいですね。

【まとめ】

いかがでしょうか。

なんだかんだで今のところ順調に育ってくれています。

両方の野菜とも種を蒔く時期はちょうど今が良いとされています。

今後どのようになっていくのかわかりませんが、興味がある方は育ててみませんか?

意外と楽しいですよ♪

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする