波止場から手軽に楽しむことができるキス釣り(海釣り:その4)

かわはぎ

これまで必要な道具や小物、そしてわたしがよく行く釣り場の紹介をしました。
今回は、いよいよ実践編。実際に釣るときに必要な糸の結び方やえさのつけ方、釣り方について書きたいと思います。

特に糸同士の結び方をマスターしておけば、他の魚種を狙う場合でも使えるので知っておいて損はないと思います。

「スポンサーリンク」

【釣り糸の結び方】

糸を結ぶことは魚釣りの基本です。

結びが甘いと切れたり、結び目が大きいと遠投した際に抵抗が増えて飛ばなかったりとデメリットしかありません。

釣り糸の結び方は地味に大切なのです。

下記の代表的な結び方2パターンを習得すれば、キス釣りをする上では問題ありませんので参考にしてみてください。

糸同士の結び方:通称「電車結び」

「結び方」については、「引っ張れば引っ張るほどきつく締まるようにする」というのが基本的な考え方です。

リールを巻く動きと、逃げようと抵抗する魚の動きは「逆になる」わけですから当然と言えば当然です。

そのためには下図のような結び方をします。

(ア)まずは力糸と道糸を平行に並べる

この時、ある程度糸同士が重なる部分を設けます。

重なる部分が少ないと結びにくいですし、逆に多いと失敗する可能性が高くなります。

経験上、大体20cmぐらいが丁度良いと思います。

電車結び「手順1」

(イ)道糸はそのままの状態で「力糸側」を道糸に巻き付ける

道糸・力糸どちら側からでもいいのですが、ここは力糸側から道糸側へ巻き付ける説明でいきたいと思います。

力糸の先端を持って、道糸側に3回ほど軽く巻き付けます。

ここでのポイントは軽くというところ。

※最終的には、巻き付けた最終の個所に力糸を通す形になるので、きつく巻くと通しにくくなります。

電車結び「手順2」

(ウ)巻き付けた力糸を①→②の順で通す

巻き付けた力糸は、力糸と道糸の間(①の個所)へ通します。

その後、巻き付けた最後の山部分(②の個所)を通して引っ張ります。

ここでのポイントは、力糸の先端をある程度たるみのないレベルまで引っ張っておく事です。

たるみがあり過ぎると、最終的に結び目が1つにならず失敗します。

電車結び「手順3」

(エ)道糸も同じように力糸に巻き付け、それぞれの糸を引っ張る

道糸側を力糸側に巻き付けるやり方は、「ア」と同じ。

ここから最終工程に入っていきます。

力糸と道糸の先端をそれぞれ軽く引っ張り、互いに巻き付けた山部分のたるみを少し取ります。

たるみが取れたら、今度は道糸と力糸の元側を持って、ゆっくり外側(下図で言うと左右)に引っ張ります。

この時のポイントは、一気に引っ張らないことです。

ゆっくり外側に引きながら、力糸と道糸の先端も適度に引っ張るのです。

こうすれば、たるみが残ることなく結び目が1つになります。

電車結び「手順4」

結び目が複数になってしまうと、その部分が抵抗になってしまい遠投の際に影響が出ます。

なるべく小さい結び目を作る、しかも一つだけにする事を心がけてください。

サルカンの結び方

サルカンの輪っかに糸を結びつけるのは、先ほどの電車結びよりも簡単。

1回結び付ければいいだけです。

これも基本的に、先ほど紹介した電車結びと同じような結び方になります。

では下図を参考に見ていきましょう。

(ア)力糸の先端をサルカンの穴に通してから、前述の電車結び

電車結びができるようになったら、こちらは簡単そのもの。

違いは、最初にサルカンの穴に力糸を通すというところだけです。

サルカンの結び方「手順1」

(イ)①→②と力糸を通し、道糸と力糸の先端を反対に引っ張る

ここでのポイントは、できるだけサルカンの近くで巻き付ける事です。

離れていると間に「輪っか」ができてしまい、絡まりの原因となります。

サルカンの結び方「手順2」

(ウ)引っ張って締める

ここで引っ張るのは、道糸・力糸のどちらでも結構です。

わたしは、道糸を押さえながら力糸の先端側を引っ張って締めます。

<補足:天秤おもり「固定式」と「誘導式」の違い>

キス等の投げ釣りの場合、「天秤おもり」がよく使われます。

サルカンと天秤の関係は、サルカン自体が動く「誘導式」と、動かない「固定式」の2つがあります。

固定式は、キスが食いついた時に、引っ張られた時の天秤の反動で針が食い込みます。キスは針を吸い込む形で飲むのですが、固定式の場合はキスに仕掛けがバレにくいという特色がありあります。

竿を持ってゆっくり巻きながら釣るときは固定式で良いと思います。

また、遠投してある程度置き竿にして食いを待つ釣り方もあります。

大物を釣るときはこの形が多いのですが、このときは誘導式を使います。

誘導式は道糸が自由に動くので食いをじっくり待つことができます。

同じ砂地に住む鰈を同時に狙うこともできるので、慣れてくれば1本は近くに投げて手巻きの中小型狙い、1本は遠投して大物狙いというのもありかと思います。

※遠投方法については、下記を参照ください。

仕掛け(全体図)

因みに、誘導式のL字型天秤には、先端の輪っかに大きさの違いがあります。

仕掛け側(針のほう)には輪の大きいほうがくるようにします(サルカンは、この大きな輪の間を自由に動くことが出来ます)。

つまりサルカンを付ける時には、まず道糸の先端(力糸部)をL字型天秤の輪の小さいほうに通し、それからサルカンと結びます。

サルカンは小さいほうの輪を通ることが出来ないので、そこでロックがかかりうまく糸を巻くことが出来るようになります。

【エサのつけ方】

キス釣りは、通常「石ゴカイ」を使用します(青イソメでもOK)。

こんな虫です。

石ゴカイ

エサの付け方

気持ち悪いですが、これをちぎって針に刺します。

頭をカットするとかしないとか色々ありますが、わたしは基本的に頭を取らずにそのままにしています。

生きている方が動きがあると思うので。。。

つけ方は右上図のように、針先を出して1cmぐらいえさをたらす感じが基本です。

以前にも書きましたが、キスはエサを吸い込むように食べます。

ですので、たらす部分が長すぎると先端だけ取られて針を飲み込むところまでいきません。

このことから「たらし部分」は1cmぐらいにするのが良いとされています。

水温が下がる秋口には、キスが越冬のために深いところに移動します。

その前にたらふくエサを食べる為、型の良い20cmオーバーのものが良く釣れます。

俗に言う「落ちギス」です。

落ちギスは型が大きいので、「たらし部分」は少し長くしてもOKです(1.5~2cm)。

因みに餌を付ける時は、針に通すときなどに体液が手にかなり付きます。

ですので、ウエスなどのいらない布でエサを抑えながら付けると滑らなくてよいと思います。

【キスの釣り方】

まず投げる場所ですが、基本的には「駆け上がり」と呼ばれる砂地に投げます。

砂地がどこにあるかは当然ですが釣り場からは見えないので、他の周りで釣っている人の様子を伺う、もしくは聞くのが早いと思います。

目安としては、

①波が立っているところ
②糸を巻く時に少し抵抗があるところ

でしょうか。

投げた後は、すばやく糸がたるまないようにある程度糸を巻きます。

その後、秒針がすすむぐらいのスピードでゆっくりと巻きます

少し巻いて食いついた感じがない時は1分程巻くのを止めます。

そしてまた同じように、秒針が進むぐらいのゆっくりしたスピードで巻いていきます。

基本はこの動きを繰り返し行います。

えさに食いつく感じ(グググッ!)があれば、慌てずに巻くスピードを落とします。

グググッ感が続くようであれば、再度ゆっくり同じスピードで巻きます。

巻くのを焦らない理由は、キスが群れで行動するためです。

追い食いをさせて、一気に複数のキスを釣り上げる作戦。

キスは引きが強いので、3匹ぐらい同時に針にかかれば結構な引きが楽しめます。

ポイントは「焦らない事」です。

前述したように、キスはエサを吸いながら食べます。

針ごと吸い込んでもらわないと外れてしまうので、焦る気持ちを抑えつつゆっくりと巻いていきましょう。

【まとめ】

いかがでしょうか。

慣れてくると、仕掛けを自分で作ったりする人もいますが、市販の、それもセットで安く販売された仕掛けでも充分に釣りを楽しむことが出来ます。

鰈も同じ仕掛けで釣ることが出来、キス同様砂地に住んでいるので、時期さえ合えば鰈も釣れる可能性があります(鰈の場合は基本置き竿です)。

キス釣りは競技も行われるほどメジャーで人気のある魚ですので、機会があればぜひ挑戦してください。

【次回記事】

竿の遠投方法、釣ったキスの針の外し方について書いています。

波止場から手軽に楽しむことができるキス釣り(海釣り:その5)

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする