波止場から手軽に楽しむことができるキス釣り(海釣り:その5)

釣ったフグ

これまでキス釣りについて必要となる道具やどんな餌を使うかなどについて書いてきました。キスは基本的に砂地にいますが、砂地は海のあちこちにあります。わざわざ遠くに投げなくても波止場から近い距離にあることもあるので、遠投しなくてもちょい投げで釣れることもあります。
ただ、遠くに投げることができればその分、広範囲を探ることができるので「遠投できること」は他の釣り人に比べアドバンテージがあると言えます。

そこで今回は、『竿の振り方(投げ方)』を中心に、実際に釣れた時の針の外し方についても書いていきたいと思います。

「スポンサーリンク」

【キス釣りにおける遠投の仕方】

投げ方なんてたいしたことないと思われる方は多いと思います。

しかし、初めての人にとって、竿は思った以上に長くそして重いと感じるもの。

※天秤おもりも付いてるので結構な重さです

遠投できると釣果も変わってくるので、是非投げ方をマスターしてください。

糸の指へのかけ方

リールはスプール(糸がまかれている部分)が、最も前に出た状態になるようにハンドルを回して調整します。

※スプールは、糸を巻いている動作中、上下に動きます。

「最も前に出た状態」とは、下図で言うと左側に出た状態。

もっと言うと、竿の先端側にスプールが出た状態が、「最も前に出た状態」になります。

その状態で人差し指に力糸を引っかけてから、下図にあるようにベイル(金属の輪っか)を起こします。

※ベイルを起こさないと糸が出ていかずに、ブチッと切れてしまうので注意してください

※糸を引っかける所は、人差し指の第一関節の真ん中ぐらい
糸の指へのかけ方

構え方と投げ出し

リールは、構えた時(振りかぶった時)に、竿に対して「上側」になるようにします。

投げ方はいろいろあるようですが、基本的にリールは、いつも上側になるようにするということを覚えておいてください。

一般的な投げ方について順を追って説明していきます。

【動作1 竿を後ろに構える】

波止場の広さにもよりますが、竿は後ろにし、おもりは投げる方向と反対側に直角になるように置きます。

※仕掛けと餌は、そのまままっすぐになるように

竿の先からおもりまでの長さは、大体2mぐらいになるように調整します。

先ほど書いたように、この時リールは竿に対して上側に来るように構えます。

※ベイルは、きちんと起こしておいてくださいね。
竿を後ろに構えた絵

【動作2 体重移動】

糸を緩めないようにして、投げる方向を見据えて片足を1歩前に踏み出します。

右利きの場合は、左足を1歩前に出すように体重移動を始めます。

体重移動の絵

【動作3 スイング】

ここの動作が一番難しいと思います。

なんたって、やる事が多い!

まずは、左足を大きく踏み出してスイングします。

ここで力をかけて前に振り出し、同時に左手をひきつけるようにします。

且つ、そのタイミングで力糸をひっかけていた人差し指も離します。

スイング動作

【動作4 フィニッシュ】

この時点では、力はもう入っていない状態です。

「動作3」の時点で力を最大限にし、フィニッシュ時は力が抜けた状態にします。

ここで力が入ると、竿がぶれたり糸の出が悪くなって飛距離が出ません。

竿を投げ切った様子

簡単そうに見えますが、コレ結構難しいです。

ですので出来れば、公園の広場など誰も居ないところで練習するのが良いと思います。

海釣り公園など人が多いところでは、隣の人との間隔が狭いので自分の思ったところに投げられないと、隣の人の仕掛けなどに絡んで大惨事になりかねません。

充分練習した上で遠投するようにしましょう。

【針の外し方】

続いては、針のはずし方です。

キスは餌を吸い込むように食べるので、場合によっては腹の中まで吸い込んでしまい、内臓に食い込んで仕掛け針を外すのに苦労することがあります。

” 針はずし ” という便利な道具もありますが、下記のやり方を覚えておけば、針はずしがなくても取れる可能性が高いので、覚えておきましょう。

キスのエラ部分に指を入れる

両エラ部分に親指と人差し指を入れてしっかりと固定します。

少し気持ち悪いと感じるかもしれませんが、しっかり奥まで指を入れることが重要です。

暴れると手からキスが手から滑り落ちるので、できればウエスなど不要な布を用意しておきましょう。

ウエスでキスをくるんで、親指と人差し指をエラに入れるようにすると良いと思います。

魚が飲んだ針をはずす方法

針の出し入れ

もう一方の手(上図で言うと右側の手)で針を引っ張ったり中に入れ込んだりします。

数回ひっぱたり押し込んだりといった動作を繰り返すと、針が面白いように ” スッ ” と抜けます。

ポイントはあまり一気に引かない事

小刻みにという表現がいいかもしれないです。

力任せに引っ張ると、針が内部の身に食い込んで取れるものも取れなくなります。

※針が内部の身に食い込んでどうしても取れない場合もあります。

そのときは「針外し」を使いましょう。

針が外れた様子

【まとめ】

いかがでしょうか。

これまでキス釣りについて5回にわたり記事を書いてきましたが、一通りのところは網羅したつもりです。

キス釣りは1年を通して(メインは夏場から秋口の水温が高い季節)釣ることができ、初心者にも楽しく釣ることができる釣りです。

天ぷらにしたり、から揚げにしてもおいしい白身の魚で味も抜群なキス。

釣りの最初のとっかかりとしてお勧めですので、興味のある方は是非挑戦してください。

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする