鱚釣りでも使える?疑似餌「パワーミニイソメ」の釣果は?

キスの画像

鱚釣りをする時には虫エサを使用することが多いと思います。わたしもこれまでは虫エサである石ゴカイや青イソメしか使ったことがなかったのですが、この前テレビでいやっていた釣り番組で疑似餌を使って釣っていたので、一度やってみようと試してみました。

疑似餌の名前は「パワーミニイソメ」。

今回は、試しにやってみたパワーイソメについて、使用感含め書きたいと思います。

「スポンサーリンク」

【パワーミニイソメと言う名の疑似餌】

疑似餌とは、読んで字のごとく” 餌に似せた偽物 “です。

ルアーで青物を釣ったりイカを釣る際には疑似餌を用いるのが一般的ですが、鱚釣りでも疑似餌を使えるんですね。

釣り歴が長いとはいえ、ほとんど素人のお遊び程度しか知識がないので、テレビ番号で見た時はビックリでした。

今回購入したのは、” パワーミニイソメ ” という下の写真にある商品です。
パワーイソメ

仕様はこんな感じ。

メーカー  : マルキユー株式会社

内  容  : 生分解性くわせエサ

エサの長さ : 約45mm

容   量 : 20本

マルキユーは、釣りをしている人なら知られたメーカーだと思います。

「がまかつ」とか「シマノ」ほど有名ではないかもしれませんが、エサ作りからスタートした会社だけに、エサ関係の商品は信用できるかな?と思っています。

因みにマルキユーの『ユ』は大文字ですね。キヤノンの『ヤ」も大文字ですがアレと同じです(どうでもいいか・・・)。

さて、内容を見てもらうとわかると思いますが、この商品は「生分解性」となっています。

生分解性というのは、自然環境の中で微生物や酵素によって分解されたり、体の中で分解・吸収される性質の事。

つまり魚が食べてしまっても、針から外れて海の中に沈んでも ” 地球や生き物には優しい ” ということです。

価格は、税込みで600円強ってとこですね。

20本入りですから、1本30円ぐらい。

まあ、許容範囲内ではないでしょうか。

因みに、パワーミニイソメは、4色がラインナップされています。

※桜(夜行)・赤・青・茶

【パワーミニイソメの使用感】

当日は日曜であった為、周りでは家族釣れや近所の常連と思われる釣り人もたくさんいましたが、鱚が釣れている雰囲気は皆無。

購入したパワーイソメの威力を試すには、もってこいの環境。

まずは、当日の ” 食い加減 ” を見るために、別途購入した虫エサで試しました。

わたしが初めて、このパワーミニイソメを試したのは秋口でしたが、鰈も釣れる季節であることから、虫えさ(青イソメ500円分と石ゴカイ1000円分)をゲットし、2本の投げ竿にそれぞれ虫えさをつけて遠投。

釣りの開始は朝の6時でしたが、正直釣れるのはエサ取り(チャリコとトラギス)ばかり。

場所を変えて投げても鱚の姿は全くありません。

小一時間しても、アタリは有れど外道ばかりなので、片方の竿を全てパワーミニイソメに変更。

せっかく購入したのが2色(赤・桜)なので、3本針に桜を2つと赤を1つ付けて開始しました。

パワーミニイソメの付け方

疑似餌は頭部分が太く、尻尾に行くほど細く作られています。

リールで巻いた時に水の抵抗で、疑似餌がエサを誘う良い動きをするようにする為に、こういった形状になっているようですね。

付け方ですが、基本は頭部の太いところ(真ん中)から針をぶっ刺し、虫エサと同じように針先を少し出します。

ポイントは、針の結び目まで疑似餌に食い込むように刺すという事

こうすればエサ持ちが良くなります。

こんな感じですね。

わかりにくいかもしれませんが、青〇部分から針先を出しています。
パワーイソメ取り付け後

アタリはあるけどいまいち食い付きが悪い時には、本体先端を1/2にカットして使えば、餌の吸い込み度がアップして良釣果に繋がるようです。

ところで、このパワーミニイソメは、中にサラッとした水のような液体が入っており、なぜかわかりませんが ” ピーチの香り ” がします。

虫エサの場合は生臭いにおいが手について、ウェットティッシュを持って行かないと手が体液でベトベトして気持ち悪いですが、これは甘い香りがするので不快感はゼロ。

虫えさが苦手な女性にも良いかもしれませんね。

因みに触感は、” やわらかめのゴム ” なので力を入れることなく針を差し込むことができ、女性でも扱いやすいと思います。

肝心の「パワーミニイソメ」の釣果は?

鱚は、時計の針が進むぐらいのスピードでゆっくりリールを巻くのが鉄則です。

虫エサなら多少放置しても、エサ自体が動くので魚へのアピールはできますが、疑似餌は当然巻き続けないといけません。

そういう意味でちょっと大変。

さて、今回は2本の竿を使い、片方には赤色のパワーミニイソメを、もう1本には桜をそれぞれ3本針に付けて試しました。

結果は、、、

全く鱚が釣れません!!

何投しても場所を変えても、一向にアタリらしいアタリがゼロ。

一緒に行った連れは、虫えさで釣っていましたが、そちらは外道とはいえ釣れることは釣れていたので、決して状況が悪いわけではありません。

結局、釣りを辞める寸前の1回のみ魚が釣れました。
釣れたエソ

外道の ” エソ ” です。

サイズは20cmぐらいかな。

かまぼこの材料になる魚ですが、小骨が多いし食べにくいので結果的にはリリースしました。

残念ながら鱚は釣れませんでしたね。

しかしこの日は、虫エサ(石ゴカイ)でサプライズがありました。
カレイ

1年ぶりの鰈ちゃんです。

サイズは22.5cm。

大きいとは言えませんが、多少ふっくらしており充分食べられるレベルです。

勿論お持ち帰りです♪

使ってみた感想

パワーミニイソメを使ってみた感想ですが、今回は釣れなかったとは言え、個人的にはプラス寄りの評価です。

理由は下記3つ。

手返しが良い

エソを釣り上げた後のパワーミニイソメは、そのままリサイクルができました。

針の結び目を、疑似餌の中までしっかり入れていた為です。

虫エサだと毎回交換が必要で、その度に手が汚れる煩わしさがありますが、パワーミニイソメなら手間が少ないので良い!

経  済  的

使用後は、液の中に付けておけば次回も使えます。

※ジップロックのように、チャックが付いているので便利

虫エサの場合は、使い切れない分は海へ「ダイブ」させるので、お金を捨てているようなものですが、パワーミニイソメはリサイクルできるので経済的です。

バリエーション

魚にアピールする意味では、奇抜な色でも釣れることがあるので(現にテレビではさくら色のミニイソメで鱚を釣り上げていました)、お金に余裕があれば4色全色揃えるのが良いかと思います。

虫エサも合わせて使えば、バリエーションが増えて釣果も上がるのではないでしょうか。

因みに釣り方として、「疑似餌+虫エサ」の複合付けなんかがお勧めです。

前述したように疑似餌だけだと、常にリールを巻いておかないといけませんが、虫エサが仕掛け張りの中に1つでもあれば、動いてくれるので常に巻かなくても、魚への一定のアピールはできますしね。

【まとめ】

まだ1回しかパワーミニイソメを使用していないので結論付けられませんが、外道とは言え実際1匹は釣れているので、個人的には期待のできる一品です。

余談ですが、このパワーミニイソメ、現在は中・太・極太の3タイプとラインナップが広がっています。

このことからも、一商品として支持されているのでしょう。

次回は近々行く予定なので、そこでは疑似餌中心に試し、追記していきたいと思いますので、興味のある方は、またご一読いただけると幸いです。

【関連記事】

鱚釣りについての関連記事もどうぞ

波止場から手軽に楽しむことができるキス釣り(海釣り:その1)

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする