これが現実!管理経験のない40代に来る仕事のスカウトとは?

履歴書

ずいぶん前から『新社会人のうち3割は3年以内に辞める』と言われ続けていますが、今もこの状況は変わりません。人手不足が叫ばれる今の日本では、若者には辞めても多くの選択肢があるのは事実ですが、早くにケツを割ってしまった人間には、それなりの就職先にしか転職ができないのが現実です。

しかも転職を繰り返すとなると、40代には更に厳しい状況が待ち受けています。

勿論、プラスの意味での転職(自分のキャリアを伸ばすための転職)であれば繰り返しても問題はありませんが、転職しようとする人の大半はマイナスの意味での転職。

多くは「上司と合わない」などの人間関係が多いのではないでしょうか。

わたしの場合は、どちらかというと仕事内容に適用できなかったタイプですが、それでもマイナスの転職を繰り返したことには変わりありません。

そして、結果的に40代となった今、厳しい現実が突き付けられています。

今回は、今現在も登録サイトのスカウトを受けられる状態にしているわたしが、

『40代+管理経験なし』で、どのようなスカウトが来るのか

現実を書きたいと思います。

「スポンサーリンク」

【転職サイトへの登録を継続】

転職をする時には必須ですよね、転職サイトを活用するのは。

わたしは、これまで転職を10回以上していることもあり、不安から、就職した後も登録したサイトを継続したまま(オファーが来るよう)にするところがあります。

いつ何時、また転職を余儀なくされるかもしれないですからね。

わたしが、今現在も登録しているサイトは下記。

エン転職

イーキャリア

リクナビネクスト

PROSEEK

DODA

まあ、一般的によく知られたサイトばかりです。

これらのサイトは、職務経歴を登録しておけば、自分のニーズに合った求人が掲載される度に知らせてくれる機能もありますが、企業の採用担当者が経歴をチェックして直接オファーをくれるところが魅力。

現在の仕事に不満はなくても、自分はどういった企業からオファーが来るのか市場価値を知る上でも一役買うので、継続登録する事がお勧めです。

無料ですしね。

【キャリアのない40代以上に来るスカウト】

一般的に、企業が40代以上の人に求めるのは、管理能力(マネジメントスキル)です。

業界・職種等にもよりますが、課長職以上を経験している事といったイメージでしょうか。

自身の仕事は勿論ですがとにかく、部下を持ち人を動かす能力が求められます。

さて、わたしはというと、このマネジメント能力を発揮するまでもなく、そこまでの役職に就いたことすらありません。

せいぜい、その下の役職ぐらいですし、部下がいても1~2人程度。

そんな管理能力のないわたしに来るスカウトはこんな感じ。

配送ドライバー

レストランのホールマネージャー候補

リフォームアドバイザー

土木作業員

電気工、施工管理

コンビニエンスストアの運営

清掃業

タクシー乗務員

飲食店のオーナー

大きく分けて「建設系の力仕事」・「運送」・「個人店の経営」こんなところです。

結論から言って、

マネジメント能力に乏しい人材には、マネジメントを必要としない求人しか来ない

当たり前か。。。

今は未曽有の人手不足。

入国管理法が改正され、これから外国人がたくさん入って来る事になりますが、それらの人をまとめるのではなく、同じような仕事をする事になるのが、40代以上・マネジメントスキルなしの現実です。

<補足>完全失業率の推移

2015年  3.4%

2016年  3.1%

2017年  2.8%

※経済産業省 統計局HPより抜粋

別にこれらの仕事を否定しているわけではありません。

が、現実問題として、マネジメント経験がない40代以上に来るスカウトメールは、多かれ少なかれ敬遠されがちな仕事ばかりです。

【まとめ】

新卒者の企業規模別の離職率を見ると、おもしろい傾向が見られます。

それは、大企業ほど3年以内離職率が低いという事。

下表は、厚生労働省の資料ですが、直近3年における新卒者の離職率は、毎年例外なく同じ傾向が続いています

大企業は零細企業に比べて、いろいろな面で働きやすい環境にあるのかもしれませんね。

新卒者の3年以内離職率(平成25年~27年)

驚きなのは、5人未満の個人でやっているような会社に就職した人の離職率の高さです。

なんと、2人に1人以上が3年以内に会社を辞めています。

今はどんな大きな企業でも潰れる時代ですが、これを見ると最初に就職する会社は企業規模が大きい方が良いように思います。

転職自体を否定するつもりはありませんが、キャリアを考えないマイナスの転職は繰り返さないようにしましょう。

さもないと、40代・50代でとんでもない未来を迎えることになります・・・。

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする