タクシーに忘れ物をした時の対処法と、誰でもできる簡単な防御策

タクシー

急いでいるとどうしてもしてしまう忘れ物。電車の「忘れ物市」が定期的に開催されるように、毎日たくさんのモノが置き去りにされています。そしてそれはタクシーに関しても同じ。

財布や鍵、杖から買い物袋まで実に様々なものが置き去りにされています。

中でも一番多いのはスマホ

タクシー会社や配車センターには、1日何度も忘れ物に関する問い合わせがあるそうです。

恐らく日本中のタクシーの中に置き忘れられるスマホの数を合わせると、1年で携帯ショップが何軒もできるでしょうね。

そして注目すべきは、これらの忘れ物のほとんどが戻ってこないという現実

今回は、忘れ物に関して

・対処法
・防御策

を書いていきます。

「まさか自分が忘れ物なんか・・・」という気持ちは誰しもあると思いますが、そういう方こそご一読いただければと思います。

「スポンサーリンク」

【忘れ物をした時の対処法】

忘れ物をすると気持ちばかりが先行しあたふたしてしまいますが、これは仕方ありません。

まずは落ち着いて行動することを心がけましょう。

警察署への届け出

交番のイラスト

個々人の対応は異なるかもしれませんが、自分の経験や他の人が降車した後の対応を見ていると、タクシードライバーの方は、降車ごとに後ろの席に忘れ物がないか、きっちり確認しているようには見えません。

※「きっちり」と言うのは、「足元など隅々まで確認する」という意味です。

もちろん、降車後すぐにお客さんが乗ってくることもあるので、きっちりと確認をする暇がない時もあります。

となると、結果的にドライバーが忘れ物を手にするタイミングは、次の2パターン。

● お客さんが気付いてドライバーに知らせてくれる

● 後々になってドライバー自身が気付く

今は車載カメラがあるので、後から乗ったお客さんが黙って持って行ってしまう事は考えにくいと思います。

性善説に立てばですが・・・。

このタイミングと言うのは、手にしたタイミングにもよると思いますし、ドライバーさん個々人の状況によっても異なります。

例えば、自分の会社近くを通ったなら会社に戻って渡すでしょうし、交番が近くにあることがわかっているなら交番に届け出ると思います。

自分の会社に持ち帰った場合でも、リアルタイムではないにしろ、モノ自体は交番(警察署)に届け出をするので、まずは交番(警察署)に届出をすることが必要です。

タクシー会社・無線の配車センターへの問い合わせ確認

さきほど、忘れ物をした時には、まず交番(警察署)への届け出をすべきであることを書きました。

ただ、前述したようにリアルタイムで届けられるわけではないので、別の手を打っておくことも必要です。

次に、できることとしては、タクシー会社や配車センターへの問い合わせ

どこの会社のタクシーに乗ったかわからない場合は、とにかく片っ端から、ネットで調べてタクシー会社に電話をかけるしかありません。

よくある問い合わせで、「この地域を走っているタクシー会社を教えて欲しい」というものがあるようですが、これは特に都市部では難しいです。

なぜなら、人が集まるところにタクシーも集まるので、この会社と、この会社と・・・なんてことは、タクシー会社の数が多すぎてわからないのです。

ということで、タクシー会社に個別に問い合わせする方法の他に、

タクシー無線センターに電話するという方法があります。

タクシー会社の中には、複数の会社の配車を請け負うセンターがあるところがあるのです。

所謂、組合みたいなもんでしょうか。

そこでは、無線を使って全ドライバーに一斉確認が出来るので、運がよければ見つかる事もあります。

忘れ物センターへの登録

更に、別の手として、もうひとつ紹介します。

それは、忘れ物に関して内容を事前に登録できるセンターの存在です。

大阪の場合「大阪タクシーセンター」というところが忘れ物情報を取り扱う該当機関になります。

※各都道府県には同じような機関があります。

例えば東京には「東京タクシーセンター」、北海道の場合は、「北海道ハイヤー協会」などです。

タクシードライバーが自分の会社に忘れ物を持ち帰った場合は、この大阪タクシーセンターに情報を登録することになっています(登録するタイミングは会社によってまちまち)。

ですので、予め登録しておくことお勧めします。

大阪タクシーセンターの営業時間は下記。

※休日と年末年始(12月29日から1月3日)はやっていません

平日:AM9:00~17:00

土曜:AM9:00~12:00

この大阪タクシーセンターに問い合わせする時のポイントをいくつか書きます。

ポイント(その1) 対象は、全大阪ではない

大阪市や堺市など大きい都市は大阪タクシーセンターで取り扱うことが出来ますが、一部地域においては非対応となっています(特に南の方面)。

対応地域については、下記大阪タクシーセンターのページで確認できます。

しかし、詳しいことは分からないと思うので、とりあえず電話確認しても良いでしょう。

ポイント(その2) 問い合わせ内容をまとめる

直接職員の方に説明するにも、留守電に入れるにしても下記内容が必要になるので、あらかじめ話す内容をまとめておきましょう

<伝える内容>

・名前          ・忘れ物の詳細

・連絡先(電話番号)   ・乗車情報(区間や乗車時間など)

大阪タクシーセンターの日祝日はやっていませんし、土曜日も昼までしか営業していません。

営業時間以外は留守電対応になりますが、録音時間は1分間で、上記の内容(伝える内容)の全てが入っている場合のみ受付されますので注意が必要です。

ポイント(その3) 忘れ物内容の入力登録

ネット環境があるなら、大阪タクシーセンターのホームページで内容を登録する方法もあります。

やり方は簡単。

大阪タクシーセンタートップページの中央にある「忘れ物の受付」ボタンを押すと、入力フォームが表示されますので、タクシーや忘れ物の特徴をできるだけ細かく書くようにしましょう。

ポイント(その4) 連絡待ちしかない

これは、全ての忘れ物取扱機関とは限りませんが、大阪タクシーセンターの場合は、あくまで登録した情報に似たものが、タクシー会社から情報として挙がってきた場合に連絡をするというものです。

つまり、「こういうものを落としました」という情報をセンター側に伝えて、すぐに探せるのではなく、落とし主は、あくまで待つことしかできません

※もちろん、タクシー会社からの情報が、問い合わせよりも早ければ別ですが。

補足:忘れ物をしてから日が経っている場合

大阪タクシーセンターのホームページに行くと、大阪府警察本部ページへのリンクを通じて情忘れ物の情報を検索することができます。

忘れ物をして、日が経っている場合は、ここで検索してみるのもひとつです。

手順は下記。

1.Googleなどネットで「大阪タクシーセンター」と入力して検索

2.画面左上の「タクシーをご利用のお客様へ」部分をクリック
検索手順2

3.画面下のリンク「大阪府警察本部」をクリック
検索手順3

4.「大阪府警察」ホームページの画面右側「調べる」をクリックし、「落とし物公開情報」をクリック
検索手順4

5.「落とし物の検索画面へ」をクリック
検索手順5

6.条件を入れて検索
検索手順6

忘れ物自体は、最終的に交番(警察署)に集まるので、時間が経ってから忘れ物に気づいた場合は、ここで検索してみるのも手です。

【忘れ物をしない為の防御策】

いちいち面倒くさいと思われることもあると思いますが、タクシーに忘れ物をしない為にはやっておいた方が良いこともあります。

小物の入れ場所を把握して乗車する

タクシーの忘れ物で多いのは小物です。

スマホや携帯電話、鍵などポケットに入る大きさのものがよく忘れられるということですね。

忘れ物の問い合わせでよく「どこで落としたかわからない」というものがありますが、ああいうセリフは、いかに普段から持ち歩いているものに対して無頓着であるかということを表してるように思えてなりません。

わたしはタクシーに乗る前には、自分のポケットに入っているものを確認し、できるだけ前ポケットに移すか、手に持つようにしています。

上着だと、中で脱いだ時にポロっと落ちるかもしれませんし、パンツの後ろポケットもなんとなく不安になります。

わたしの場合、普段持ち歩く持ち物はこんな感じ。

1.長財布      2.小銭入れ

3.スマホ      4.運転免許証

5.定期券入れ    6.鍵

正直「1」なんて、パンツの前ポケットには入らないですよ。

ボディーが圧迫されてしんどいですし。

まあでも料金を払う時には確実に必要なので「1」に関しては、乗っている間ずっと手で持っています。

これで落とすことはあり得ません。

例えば財布の中身(カードなど)を落とすことも考えられますが、それも普段から財布の中身を整理しておけば、それも問題ないはず。

財布以外の小物は、乗車中ポケット自体触りません。

当然スマホもいじりません。

仕事で緊急の場合は仕方ないですが、新幹線や飛行機と違って何時間も乗るわけではないんですから、乗車中ぐらいは触らなくてもいいのでは・・・と思っています。

脱いだり着たり、立ったり座ったりすることでモノはポケットから落ちてしまいます。

無意識にあちこちのポケットに分散してモノを入れず、場所を把握して入れるようにするだけで、忘れ物は少なくなると思います。

レシートをもらう事をクセづける

みなさんは、毎回レシートをもらいますか?

会社員であれば経費として申請する必要があることからレシートをもらい忘れることはほぼないと思いますが、プライベートだと意外ともらわないですよね。

ましてやドライバーによっては、こちらから言わないとレシートをくれない場合も多々あります。

わざわざレシートをくれと言って、めんどくさそうにもらうのもいやですしね。

しかし、いるいらないに関わらずタクシーに乗った時は、

必ずレシートをもらうようにしてください。

レシートには当然ですが、タクシー会社名が書かれています。

中にはご丁寧に無線番号まで書かれているところもあるので、タクシー会社に電話してその番号を言えば、すぐに忘れ物の確認をすることができます。

前述の大阪タクシーセンターなどは、忘れ物の量が多いことから、探すのにも手続きをするにも非常に面倒。

しかし、レシートがあればピンポイントで即座に確認できるので、高確率で忘れ物を見つけることができます。

【まとめ】

忘れ物は、しないにこしたことはありませんが、人間ですからミスしてしまうことはあります。

今回書いた事を参考に、タクシーに乗る前の防御策、運悪く忘れ物をしたときの対処法をやってみてください。

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする