口臭の原因は舌に付いたアレ?話題の舌ブラシを使ってみた

新型コロナ(COVID-19)流行後、マスクをする機会が格段に増えました。これまでは、インフルエンザや風邪が流行る冬を中心に活躍するマスクでしたが、新型コロナは未知のウイルスであり、まだよくわかっていないことが多いことから、普段の生活でも外を歩くときにはマスクをする習慣が当たり前になっています。さて、そんなマスクですが、みなさんは毎日交換していますか?

 

わたしは、もったいないので数日間は使うようにしています。

しかし、数日使うとちょっと気になりませんか?

 

マスクの匂い が。

 

多分、匂う原因は口臭なわけですが、歯磨きをきちんとしていても時間が経つとどうしても匂ってしまいます。

今回は、そんな口臭を軽減できると言われている舌ブラシについて、使用感等について書きたいと思います。

「スポンサーリンク」

【口臭の原因「舌苔」の存在】

「舌苔」と書いて、ぜったい と読みます。

 

読んで字の如く、下の上に生える苔です。

口臭の原因の約90%は、この舌苔が原因だと言われています。

 

因みにこの舌苔、辞書で調べてみると単に、

 

舌の粘膜の上面にできるコケ上の付着物

 

と書かれていました。

口臭の原因となると、放っていけないとはいえ、食べかすが原因の一つであり口の中を清潔にすれば大丈夫と軽く考えがちになります。

 

が、医学的には、こんなふうに書いています。

 

胃病などの時、舌の表皮が剥げて白く苔のようになったもの

 

なんでも、胃や腸と舌は粘膜でつながっているらしく、白くなった舌は、胃腸の不調を表すサインとして判断されています

胃腸が炎症を起こすと、舌の表面がデコボコになるという症状が現れ、このデコボコに舌の細胞が死んだものが蓄積されて苔になります。

 

健康な人は、普段の食事を通じて、舌の表面に着いた苔も取り除かれますが、胃腸の不調時には舌の表面が健康な時よりもデコボコになり、苔が溜まりやすくなるのです。

舌ブラシて磨く際には鏡を見ながら行いますが、この舌ブラシの習慣を身に着けるという事は、単純に口臭予防という枠を超えて、日々の自分の身体の好調・不調を知る目安にもなり健康の上では重要です。

 

【わたしが選んだ舌ブラシのポイント】

amazon・楽天などのネット通販でも勿論買えますが、わたしはひとまず東急ハンズで買ってみました。

 

最近は、舌ブラシというものもメジャーになってきているのでしょうか。

売り場に行くと、歯ブラシと共に舌ブラシコーナーがあり、種類も10種類以上ありました。

 

<わたしが購入した舌ブラシ>

舌ブラシ

 

選んだポイントは、ズバリ信頼性です。

 

 

信頼性

まずは、多くの人が購入時の基準にするであろう信頼性。

基本的には、よく知られたメーカーのものを選択しがちな人が多いと思いますが、わたしが今回選択した理由は、民間と大学との共同開発で生まれた商品である点。

 

民間にも当然すごい技術を持った会社は数多あると思われますが、研究に特化した大学との共同開発と聞くと、ついつい目が行ってしまいます。

 

文部科学省の発表によると、民間企業から大学への研究の為の資金額は年々増えており、すでに年間1,000億円を超えているようです。

 

しかも、パッケージをよく見てもらえるとわかると思いますが、大学の「摂食嚥下リハビリテーション学分野」と書かれています。

口腔内には何千億という膨大な数の細菌がいると言われており、舌の中央部に溜まった食べかす等をエサに存在していますが、これらが体内に入ると、重篤な病気(呼吸器疾患や肺炎)を引き起こすことがあるようです。

 

摂食・嚥下のスペシャリストが開発に携わっているわけですから、より信頼性という意味で選択するに値すると感じませんか?

※免疫力が落ちた年配の方などは特に、舌のケアは必要だと思います。

 

【舌ブラシの使用方法と使用感】

この商品は、ブラシ部分の素材が特殊ナイロンとなっていますが、手で触った感想は、 かなりやわらかい です。

 

よく歯ブラシで、歯を磨いたついでに、同じ歯ブラシで舌をゴシゴシとする人がいると思いますが(わたしも先日まではそうでした)、歯ブラシの毛って結構硬いですよね。

比較すると、ビックリするくらいの違い(やわらかさ)に気づきます。

 

舌は味蕾(みらい)といって、味を感知する器官があります。

 

歯ブラシなんかでゴシゴシすると、何となく汚れが取れている感じはありますが、傷を付ける可能性があるので止めた方が良いです。

 

実際の使用方法はこんな感じ。

【使用方法】
ブラシに水をつけ、舌にあてなでるように磨く
舌の奥から手前に引くようにする

※体調のすぐれない時や、舌が荒れている時は使用しない

 

やってみた感想ですが、あまりにも肌触りが良いというか柔らかいので、舌を擦っても汚れが取れている感覚はあまりありません

 

が、見た目ではわかります。

 

異物が付いているという感じまではを肉眼で確認はできませんが、明らかにブラシの色が黄色くなるので一目瞭然。

取れている感はあります。

※スッキリしたという感じは正直ありません

実際の口臭ですが、これは現時点では使用回数があまり多くないので、様子見といったところです。

 

実際使って2週間ほど経ちますが、間違いなく効果アリです!

マスクを数日間使用していても、以前ほど匂いが気になりません。

明らかに、口臭は抑えられています。

※個人の感想ですが。。。

 

因みに、舌ブラシの使用頻度ですが、これは1日1回で良いようです。

基本的には、朝行えばよいようですね。


SHIKIEN 舌ブラシ W-1 ダブルワン

 

【まとめ】

いかがでしょうか。

舌ブラシというのは、今はまだ日本ではメジャーな存在と言えないかもしれませんが、海外では健康に良いということで、メジャーな存在となっています。

 

口臭が気になるという方は勿論、高齢になってきた方は習慣化してみてはいかがでしょうか。

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

最新情報をチェックしよう!