知識

エクセルで処理するデータには、日々追記・訂正が必要なファイルが多々あると思いますが、折角処理したデータも、時に吹き飛んでしまうことがあります。

エクセルは、「表計算ソフト」なので、様々なデータを入力して表作成できますが、計算対象のセル値によっては、結果がエラーになってしまうことがあります。

作成したエクセルファイルをpdf化してメールなどで送ったり、保存したりすることは仕事の上で意外とあります。

ある範囲をコピーして別の場所に貼り付けるやり方は「Copyメソッド」と使えば簡単にできます。

サラリーマンの方々は、エクセルで資料を作成する機会がなにかと多いと思います。特に文書を補完する表を入れ込んだ資料はなおさら。