無料は梅田のみ?東京インテリア行きバス乗り場への行き方

  • 2020年1月10日
  • 2020年7月19日
  • 知識

2017年に、関西で初めてオープンした「東京インテリア」。オープンしたての頃に一度訪れましたが、当時は物珍しさもあってか駐車場は平日でも満車状態。

周辺道路は、空き待ちの車で大渋滞でした。

 

というのも、ここは立っている場所が大正区という事もあり、周りが運河に囲まれ車でないと訪れることが出来ません。

かつては、無料のバスが中心街から出ていたのですが、それもいつのまにやら一部が消滅・・・。

 

今回は、唯一残っている中心街(梅田)から行ける無料のバス乗り場への道順案内を画像付きで書きたいと思います。

 

JR・OsakaMetro・阪急をご利用の方は、ご一読ください。

「スポンサーリンク」

【JR難波から出ていた無料バスが消滅】

前述しましたが、かつてはJR難波駅の西側ロータリーから、東京インテリア行の無料シャトルバスが運行されていました。

 

また、同じロータリーからは隣接するIKEA行の無料バスも出ており、時間差で利用できることから利便性抜群で、利用者も多かったのでは?と個人的に思っていました。

 

が、2018年のとある時期より、このロータリーから無料シャトルバス乗り場が消滅しました

 

今では、このロータリーは、とあるタクシーの独壇場となっております。

※乗り入れはできると思いますが

 

締め出しにあったのか、はたまた意外に利用者が少なかった為の廃止なのか、それは定かではありませんが、いずれにしてもJR難波駅から東京インテリア行きの無料シャトルバスは消滅しています。

因みに、IKEA行のシャトルバスについては、場所を変え一応残っています

 

JR難波駅から徒歩5分ほどのところに「なんばhatch」がありますが、その手前、四ツ橋筋沿いにあります。

 

IKEA行きバス乗り場

 

ただし、残念ながら有料です

大人:210円  /  小児:110円

 

大阪の南の方にお住まいの方は有料でもいいなら、コチラを利用しましょう。

所要時間は、およそ25分とのことです。



 

【大阪中心街唯一の無料バス乗り場】

さて、では唯一残っている無料バス乗り場はどこかというと、梅田です。

 

大阪の北の方にお住まいの方にとって、梅田はよく利用するのでありがたいですね。

南方面の方は、市内と言えば「なんば」でしょうし、梅田まで出るとなると時間的には無駄ですが、トータルの値段としては梅田に出た方がお得になります。

 

なんば駅経由の場合
OsakaMetro → 330円
有料バス(なんば発) → 210円 ※所要時間 約25分
梅田駅経由の場合
OsakaMetro → 330円
無料バス(梅田発) →  0円   ※所要時間 約40分

 

なんばからの有料シャトルバスは東京インテリアまで約25分。

梅田経由の場合は、電車・バス乗り場までの時間を考慮すると、なんば経由よりも30分程多くかかります。

 

この30分と210円(時間とお金)どちらをとるかですね。

 

OsakaMetro御堂筋線を利用する場合

御堂筋を利用する場合ですが、北の方面から来られる方は、一番後ろの車両に乗り北改札から出ます。

南から来られる方は、先頭車両が一番近いですね。

 

道 順

<ア>

OsakaMetro御堂筋_行き方1

改札を出て左の方へ進みます

※右は阪急方面です

 

<イ

OsakaMetro御堂筋_行き方2正面にココカラファインがあるので、それを左に進みます

因みに、右に行くとヨドバシカメラの地下入口です。

 

<ウ>

OsakaMetro御堂筋_行き方3

すぐ右の階段(3-A出口)を上ります。

※突き当りの階段を上っても、同じようなところに出るので別に構いません

 

<エ>

OsakaMetro御堂筋_行き方4

地上に出たら、そのまま前方に歩いて行きます

※右側にヨドバシカメラがあります

 

<オ>

OsakaMetro御堂筋_行き方5

建物に沿って真っすぐ進み、1つ目の信号(梅田ランプ東)を渡って、道沿いを左に進みます

 

<カ>

OsakaMetro御堂筋_行き方6

2つ目にあるバス停が、東京インテリア行きのバス乗り場になります(赤矢印)

改札からだと、ゆっくり歩いて10分もあれば着きます。

 

ただ、シャトルバスの本数は、正直少ないです。

時間を確認して行くようにしましょう。

東京インテリア無料バス時刻表

 

JRを利用する場合

JRを利用する人も多いと思いますが、JRの場合は中央改札口から案内したいと思います。

 

道 順

<キ>

JR_行き方1

中央改札口を出たら左に進みます

 

<ク>

JR_行き方2

エスカレーターに乗らずに、そのまま外に出ます

そして、左に

 

この道は、前述した「エ」の道路ですので、「エ」以降をご覧ください。

※この道は、JRの高速バス乗り場がある道になります。

 

改札を出てからは、ゆっくり歩いても5分程度で着きます。

 

阪急を利用する場合

阪急も改札から案内します。

 

因みに梅田駅は「大阪梅田駅」と名称が変わっています。

 

道 順

<ケ>

阪急_行き方1

上の写真は、2Fの中央改札口(阪急線側)から見たものです。

目の前の階段(orエスカレーター)を降りると、紀伊国屋があります。

 

自動改札機が複数ありますが、兎に角、右へ道なりに進みます

 

<コ>

阪急_行き方2

正面に「まきの」という天ぷら屋さんがあります(食べログで結構評価は高いです。昼間は行列ができるほど)。

 

ここを右に曲がります

 

<サ>

阪急_行き方3

少し歩くと、下りエスカレーターがあるので、それを降ります

※右側にヨドバシカメラが見えます

 

<シ>

阪急_行き方4

エスカレーターを降りたら、Uターンします

 

<ス>

阪急_行き方5

Uターン後、突き当り(正面はヨドバシカメラ)を左に曲がります

この道は、前述の「エ」の道路ですので、以降を見てください。

 

【梅田の有料シャトルバス(IKEA行き)】

東京インテリアへの無料シャトルバスは、前述の通り本数が極端に少ないです。

※ほぼ2時間に1本

 

時間を調整したところで、乗り遅れる事もあり得ます。

そんな時、2時間も待てないという方は、IKEA行きの有料バスを利用するのもひとつ。

 

一番近いのは、OsakaMetro御堂筋線の「A-3」出口。

先の「ス」の写真にある青矢印の方向にあります。

 

具体的に言うと、ヨドバシカメラのある交差点「芝田」交差点の南側高架下にバス乗り場があります。

 

<セ>

上は芝田の交差点。

 

<ソ>

道なりに右へ曲がっています。

 

<タ>

高架入ってすぐの位置にバス乗り場があります。

 

こちらは1時間に2本(始発は9時、最終は19時15分)出ています。

※最終19時の時間帯を除き、各時間とも15分と45分

 

IKEAと東京インテリアは隣通しなので、こちらも利用できます。

 

【まとめ】

最近はテレビCMでも、結構東京インテリアが流れています。

お隣には、スウェーデン発祥のIKEAもあり、買い物の選択肢もあるのでどても便利。

 

車がない方は、今回紹介したバスを利用して行ってってみて下さい。

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

最新情報をチェックしよう!