【節約】なんばにあるパンの直売所。オリエンタルベーカリーへ。

みなさん、パンは毎日食べてますか?わたしは、毎朝決まってパン食なので、年間のパン購入にかける費用は結構なものとなっています。少し前ブームになった高級食パンなんてものを買っている時期もありました。

 

が、セレブでもないので、そんな高価なパンを食べ続けることは当然出来ません。

 

そんな中、前から気になっていた、なんばで知る人ぞ知るパン屋さんを訪問。

なんでも、安くて美味しいパンを売っている店だとか。

 

今回は、魔法のレストランでも紹介されたことがある、パンの直売所をご紹介します。

「スポンサーリンク」

【節約にもってこい?のパン屋】

街中にあるパン屋さんのパンって、意外に高いですよね。

 

勿論、手間が掛かっているものが高くなるのは理解できますが、小市民のわたしとしては、おいしさ・大きさ・値段をトータルに考えてコスパ判断してしまうので、なかなか頻繁には・・・と思うことも。

 

しかし、今回紹介するパン屋さんは、全体的にお財布に優しい。

 

中でも、店前のワゴンで売っているアウトレットパンは、超お買い得!

これがその中身です。

ワゴン売りのパン

 

内容としては、食パン(個包装)4枚、ほうれん草が練り込まれたパン、レーズンパン、にコッペパン2個。

これだけ入って、150円(税抜き)です。

 

単純に朝食5日分はありますね。

1日当たり30円ちょっとですから、家計にはとても助かります。

 

もちろん、食パンは店内にも置いています。

※1斤で190円(2020.7.11現在)

 

スーパーやコンビニでよく見かけるPascoの「超熟」や、ヤマザキの「ロイヤルブレッド」など、有名メーカー品の食パンと価格的にはそんなに変わりませんが、味は比較しておいしいと思います。

 

因みに、店内で売っている食パンは全て100円(税抜き)です。

個人的にはこれがお勧め。

 

<チーズフレンチパン 売れ筋菓子パン:第2位>

チーズフレンチパン

クリームチーズを食パン生地で挟んでいます。

これでもかってぐらいにチーズが入っており、あまじょっぱくておいしい!

買う価値ありです。

 

お勧めは、オーブントースターで焼く食べ方。

美味しさ数倍アップ!

 

 

<カレーパン 売れ筋菓子パン:同率2位>

カレーパン

店の外に、関西では有名なテレビ番組「魔法のレストラン」のシールが貼ってあります。

そこには、「カレーパン」の文字が。

 

恐らくは、これがそのカレーパンでしょうか。

味的には、いたって普通のカレーパンですが・・・。

ただ、これも100円(税抜き)と考えると、コスパは十分だとは思います。

 

因みに、上の二つのパン含め、菓子パンは金曜日が菓子パンの日となっており、なんと、全品80円です。

メロンパンやアンパンなど定番の菓子パンもたくさんあるので、曜日を狙っていけばお得感は更に増します。

 

 

【オリエンタルベーカリーとは?】

今回の紹介するパン屋さんは、オリエンタルベーカリー

 

創業は、昭和25年と結構な老舗です。

 

レストランやホテルや病院、給食などさまざまな業界にパンを提供しているようで、関西での業務パンのシェアはなんと1位!

わたしたちも知らず知らずのうちに、このオリエンタルベーカリーのパンを食べているのかもしれませんね。

 

特に、病院や福祉施設にも納品しているようなので、品質という面でも信頼できるのではないでしょうか。

さきほどのアウトレットパンの中にあった個包装の食パンなどは、まさにそういったところに納品しているものかもしれません。

 

因みに、お店の場所はココ。

 

<住所> 大阪市浪速区元町1-3-2

オリエンタルベーカリー 大阪直売所

 

四ツ橋線「なんば駅」から歩いて1分程。

JR難波駅の裏手辺りになります。

 

駅から近いので便利ですね。

 

【食パンの消費金額が多い都市は?】

最後に、雑学的なところを少々。

 

前述したように、高級食パンブームというのがありましたが、大阪は、消費金額的に全国でどのくらいの位置にあるかご存知でしょうか?

 

なんと、全国2位です!

 

下表は、平成29年~令和元年までの3年間の平均になりますが、まさか自分の住んでいる大阪の都市がトップ10に2つも入っているとは驚きです。

都市名 金額(単位:円)
神戸市 38,012
大阪市 36,597
大津市 36,567
岡山市 36,402
東京都 35,949
堺市 35,620
京都市 34,942
広島市 34,674
金沢市 34,460
横浜市 34,179

※総務省統計局データの一部を引用

「パン屋が多いな」とは思っていましたが、まさかここまでとは・・・。

 

 

【まとめ】

デフレ不景気から一向に脱出できない今の日本において、やはり節約はこれからも重要。

 

稼ぎを多くする事は誰しも出来ることではありませんが、節約は誰でも努力すればできます。

毎日食べるものだからこそ、安心できて安いに越したことはないですが、今回紹介したオリエンタルベーカリーは、コスパの面でも良いと思います。

 

お近くに行った際には、一度お店を覗いてみてはいかがでしょうか?

ページ先頭へ戻る

「スポンサーリンク」

最新情報をチェックしよう!